×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Vol,5 心変わり (通常)

相手フィールド上モンスターを1体選択する。発動ターンのエンドフェイズまで、選択したカードのコントロールを得る。

やっぱりこっちにするー!

元祖コントロールカード。このカードも禁止になって長い。
Vol,5には3枚の魔法カードがウルトラレア使用だったが、群を抜いて強力なのがこのカードだ。

”天使のような悪魔の笑顔”というなんちゃら怪奇ファイルの主題歌がピッタリですな。

効果

相手フィールド上モンスターを1体選択する。発動ターンのエンドフェイズまで、選択したカードのコントロールを得る。

カードゲームで”相手のモンスターを奪う”効果を持ったカードは考えやすいものなのだが、このカードは他のカードゲームとひっくるめてもかなり優秀な部類に入る。

大きなポイントとしてはやはり”相手の表示形式を問わない””デメリットが無い”の2点だろう。
表示形式を問わないということは、相手の裏守備表示モンスターを奪った場合
1、相手モンスター除去
2、生贄確保
3、リバース効果の恩恵
という3大メリットを得ることができるということだ。もう、正直どんだけアドバンテージ稼げんねん、と。 当然、表側表示の切り札モンスターを奪っても簡単に形成を逆転できてしまう。非常に死角の無いカードだ。

強力なだけに制限になっても、禁止になっても誰しもが納得できてしまうこのカードは、現在では多くの同系カードが登場し、ゲームバランスを保っている。

一つはエネミー・コントローラー。 表示形式を限定し、自身のモンスターを生贄にするというデメリットを加えている。消散するカードや蘇生するカードと組み合わせることで味を出すという、カードゲームらしいいいカードに仕上がっている。 また、この他にも効果を持っている非常に便利なカードだ。もう一つは洗脳−ブレインコントロール。 こちらは表示形式の限定とライフによるデメリットを起用。これもバランスの取れた見事なカードではないかと思う。
裏表示のコントロールとしては精神操作が引き継いでいる。 3大メリットの1番と3番がこれに含まれている。全体の2/3を引き継いでいるように見えて、最終的にアドバンテージを稼ぎづらく設定された、これもいいカードだ。

元ネタとリメイクのカードを並べてみると、カードゲームの成長が見れてなかなか面白いのだが、この心変わり系統のカードは特にうまく調整されているのではないかと思う。 同じような路線を歩んで欲しいカードはまだ山ほどあるので、開発部にはがんばってもらいたいものだ。