×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

EX 遺言状 (通常)

このターンに自分フィールド上のモンスターが自分の墓地へ送られた時、デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

LAST WILL

上級でたこ殴りなプレイングを誇る自分がスムーズにデッキを使いこなせるのは、圧倒的にこいつのおかげといってもいい。

 

効果

このターンに自分フィールド上のモンスターが自分の墓地へ送られた時、デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

このカードの最大のメリットはあらゆるシナジーの起爆剤と化すことだ。ネフティスの導き手を呼べばネフティスの鳳凰神を序盤から呼ぶことも可能だし、ミスティック・ソードマン LV2を呼べば切り込みに、ならず者傭兵部隊を呼べば除去にもなる。

発動条件を満たすのはかなり簡単で、生け贄召喚はもちろん、上で
述べたネフティスの導き手やならず者傭兵部隊もそのトリガーとなる
相手が罠を張っている状態でこちらが攻撃を仕掛ける状況においても手札にあるだけで保険としての役割も担っているし、先に発動して後に使うというプレイも可能なので、非常事態に対処することも考慮されている。

◇デッキ投入

デッキに投入する目安は

■デッキに上級モンスター(要生け贄)が多く存在している。
■自己犠牲型の効果を持つモンスターが仕込まれている。
■モンスターの数に若干の不安がある。
■下級モンスターにキーカードがある。

といったところ。モンスターとモンスターを繋ぐためのカードなので、モンスター自身に統一感を持たせる必要が無いことが大きな利点かな。

このカードの最大の弱点は再販されないことか・・・。といってもカタパ1キルのとばっちりでとっくの昔に制限カード→禁止カードになっているので、再販されることは・・・ないのかも。