×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Vol,3 強欲な壺 (通常)

自分のデッキからカードを2枚ドローする。

強欲

その効果はいたって単純明快。つまりはそれだけ完成された効果であるとも取れます。

このカードは手札命のこのカードゲームには必要不可欠なものでありますが、私はあえて「強いという表現は間違っている」と言いましょう。
手札増が強さではなく、手札増は可能性の増なのです。
S-Dでは手札の増加は見せ場を増やす・・・という解釈で問題なし!

欲望

カードの力を測る場合、そのカードを抜くという方法があります。かくいう私もなんと強欲な壺を抜いていた時期がありました。

その頃の私の言い分では確か「欲深いのは嫌いだ」だったような(笑
その頃も今とデッキコンセプト自体は変わっていないのですが、なんと強欲な壺を入れるデッキスペースがないという面白い事態になっていました、実は。

※強欲な壺の代わりに使っていたのは手札抹殺。この方が当時のデッキ的に都合がよかったのです。

で、その後制限改正でスペースを作ることができたわけです。そういった経験があって今に至るわけですが、ぶちゃけ強欲な壺が入っていないから負けるなんて事はありえないわけで。あの壺なしのデッキで勝った快感のようにゲームにはまだまだ知らない多くのことが隠されているのではないかと思います。
そういったことを探すのがゲームの面白味でもあり、私の目指すところなのです。