×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SJ2-029

おろかな埋葬

自分のデッキからモンスター1体を選択して墓地へ送る。その後デッキをシャッフルする。

その効果は”有益”

原作では凡骨野郎が使用していたカード。ストラクチャーデッキに初収録され、その後ばったりと手に入らなくなったカードなのだが、登場から数年後、満を持して再びストラクチャーデッキに登場した。非常にストラクチャーデッキと関連深いカードである。

 

効果

自分のデッキからモンスター1体を選択して墓地へ送る。その後デッキをシャッフルする。

かつて遊戯王においてとんでもない圧縮力、ターボ力を誇ったのが苦渋の選択だ。
この”おろかな埋葬”は墓地に送るカードをモンスターに限定し、手札アドバンテージを調整したカードである(墓地に送るという一点を除けば全く違う印象を受けるので、互換作用を求めるのは間違っている気がするが)。
苦渋に比べるとかなり見劣りしてしまうカードだが、そもそも苦渋を基準として考えるのが間違い。墓地に指定したカードを送る効果は思った以上に強力な効果で、墓地をベースとした効果を持つカードと壮絶なシナジーを誇る。

最も即時性を持つのはダンディ・ライオンの生贄確保やネクロ・ガードナーの攻撃無効化、
D-HERO ダッシュガイなど。
苦渋の選択と相性の良かったカオス・ソルジャー−開闢の使者−など墓地除外系のカードやキラー・スネークとの流れは言わずもがな。

一般的に”アドバンテージ”という概念は手札や場のカードの数で定められてしまいがちだが、決して数だけでは語ることの出来ない、総合的なアドバンテージの存在を証明してくれる、すばらしい1枚である。