×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FET-JP033

レスキューキャット/地/獣/300:100/4
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地に送る事で、デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体をフィールド上に特殊召喚する。この方法で特殊召喚されたモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。

わーわーわー!何も聞こえな〜い!

・・・。この考察を見た人が何を期待するのか私にはわからない。だが、私にとってそんなことはどうでもいい。
私はこのカードを使って「エレメンタル・バースト」を使いたいとずっと思っている。有効な活用法?そんなもん知るか!自分で考えろ!ふーんだ。

 

エレメンタル・バーストへの流れ

エレメンタル・バースト
自分フィールド上に存在する風・水・炎・地属性のモンスターを1体ずつ生け贄に捧げて発動する。相手フィールド上に存在するカードを全て破壊する。

何も無い状態からこのカードを発動するためには単純にレスキューキャットが場に2体存在すればよいということになる(勿論、引っ張ってこれる属性モンスターがいるかどうかは現段階では無視だ)。
レスキューキャットからレスキューキャット2体を召喚できれば話は早いのだが、残念なことにレスキューキャットは☆4。自身は召喚できない。
そこで、地獄の暴走召喚を考える。これでモンスターを展開するための状況を作るのだ。幸いなことにキャットの攻撃力はものすごく低いので、暴走召喚の1500以下なんて条件は心配しなくても良い。
この場合、欠点であった☆4というスペックは暴走召喚のトリガーに必要な特殊召喚法の代表「召喚僧サモンプリースト」が使えてしまうというポジティブ思考に変えることが出来る。

風・水・炎・地

次に展開するモンスターをチョイスする。
サモンを第1段階。レスキューキャットを第2段階とすればここは第3段階だ。バーストが発動できるように各属性の獣族をデッキに組み込めばよい。
ところが、調べていくとある問題に行き着く。獣はほとんどが地属性なのだ。確かに地を這わない獣なんて血が苦手な医者ぐらい微妙なのだが。
とにかく残りの3属性をどうにかしなければ・・・ということで検索(もちレベル3以下のやつね)。

<炎>
リトル・キメラ

<風>
隻眼のホワイトタイガー
真空イタチ

<水>
フェンリル

・・・フェンリル使えねーんだよ!
獣では水属性をフォローできないので、その他のカードでがんばらねばニャらん。水属性で扱いやすいのは黄泉ガエルなのだが、キャット流れのモンスターがエンドフェイズ時に破壊されることや、場にエレメンタル・バーストがある状態では黄泉ガエルが蘇生できないことなんかを考えると不適切に思える。
「リバイバルスライム」や水属性罠モンスターを使ったほうが賢い気がする。もっと言えばキャットで展開したモンスターに「幻惑の巻物」を付けるとか、デッキに「錬金生物 ホムンクルス」を入れるとか、
まぁ1属性だけ見れば場に出すのは簡単なのだが、エレメンタル・バーストを発動するにはすべての属性に視野を広げないといけないのが面倒なところだな。

幻惑の巻物(装備)
装備モンスター1体の属性を、自分が選択した属性に変える。

デッキ構成

ちなみに、地獄の暴走召喚は「1体の特殊召喚に成功したとき」という条件。

デッキサンプル:

モンスター 魔法
上級
ギルフォード・ザ・ライトニング×2
氷帝メビウス
サイクロン
遺言状
強制転移×2
幻惑の巻物×2
光の護封剣
早すぎた埋葬
打ち出の小槌×2
大嵐
地獄の暴走召喚×3
天使の施し
貪欲な壺
エレメンタル・バースト×3
血の代償×2
聖なるバリア−ミラーフォース−
下級
錬金生物 ホムンクルス×3
隻眼のホワイトタイガー×3
召喚僧サモンプリースト×2
E・HERO バブルマン
リトル・キメラ×3
レスキューキャット×3