×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

GLAS-JP040

E-HERO ダーク・ガイア/地/悪魔/?:0/8

悪魔族モンスター+岩石族モンスター
このモンスターは「ダーク・フュージョン」による融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードの元々の攻撃力は、融合素材に使用したモンスターの攻撃力の合計の数値となる。このカードの攻撃宣言時、相手フィールド上に存在する守備表示モンスター全てを表側攻撃表示にする事ができる。(この時、リバース効果モンスターの効果は発動しない。)

ダーク/ガイア

遊戯王GXを見て、主人公に

「オマエ、ナニヤッテンダー?」

と叫んだことがある。そのとき主人公が操っていたのが「E・HERO(エレメンタルヒーロー)」ならぬ「E-HERO(イービルヒーロー)」である。まぁ、アリと言えばアリじゃない?

 

効果

このモンスターは「ダーク・フュージョン」による融合召喚でしか特殊召喚できない。

E-HEROは戦士族ではなく悪魔族であり、その融合にはある意味専用カードであるダーク・フュージョン(以下:闇融合)を使用する。
闇融合は融合カードと異なりサーチもしにくく、デッキにフル投入しても3回しかチャンスが巡ってこないという、現在の融合事情を考えれば非常に使いにくい融合の一種である が、昔の融合は全部これだったんだよなぁ。

ダーク・フュージョン
手札またはフィールド上から、融合モンスターカードによって決められたモンスターを墓地に送り、悪魔族の融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン相手の魔法・罠・効果モンスターの効果の対象にならない。(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)

悪魔族モンスター+岩石族モンスター
このカードの元々の攻撃力は、融合素材に使用したモンスターの攻撃力の合計の数値となる。

ユーフォロイド・ファイターと同じように、素材の攻撃力をベースに攻撃力が決定する。 ただし、表記が「元々の攻撃力」ではなく「攻撃力」となっている点に注目だ。
融合素材は悪魔族モンスター+岩石族モンスターって・・・なんとも漠然としているというか、あっけらかんとしているというか・・・他のE-HEROと関連性が薄いというか・・・。 だがしかし、駄菓子菓子(注:わざと)、こんなものを見たら色々試したくなってしまうではないか!!

◇最強の組み合わせはなんだ!?選手権

悪魔 岩石 合計
幻魔皇ラビエル邪神ドレッド・ルート
攻撃力4000
磁石の戦士マグネット・ヴァルキリオン
攻撃力3500
7500

実際に調べてみると、 なかなか満足のいく数値である。 メガロック・ドラゴンなどを使えばかなりの数値が・・・という目論見をしていたのだが、残念ながら”?”は0として扱う→結局は元々の攻撃力がプラスされるという裁定なので、ここでは扱えない。

相手フィールド上に存在する守備表示モンスター全てを表側攻撃表示にする事ができる。(この時、リバース効果モンスターの効果は発動しない。)

例えば、相手の場におジャマトークンを展開すれば1ターンで決着が着きそうであるし、リバースが無効化されるので相手が守備に走ったらこちらの勝利はゆるぎないものになりそうだ。

デッキ構成

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
邪神ドレッド・ルート
磁石の戦士 マグネット・バルキリオン×2
冥府の使者ゴーズ
邪神イレイザー
メガロック・ドラゴン×2
サイクロン
ダーク・フュージョン×3
ライトニング・ボルテックス
強奪
次元融合
死者転生×2
手札抹殺
早すぎた埋葬
大嵐
貪欲な壺
リビングデッドの呼び声
激流葬
血の代償
聖なるバリア−ミラーフォース−
下級
磁石の戦士β×2
磁石の戦士γ×2
磁石の戦士α×2
ブロックマン
クリッター
N・グラン・モール
番兵ゴーレム×2
メタモルポット
ダンディライオン
魔導雑貨商人×3