×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

VB10-JP002

フォッシル・ダイナ パキケファロ/地/岩石/1200:1300/4

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚する事ができない。このカードがリバースした時、フィールド上に存在する、特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

ハゲ散らかし

ダイナってついてるし、イラスト的にも恐竜族だと思っていたら、岩石族だった。
そういえば岩石族って久しぶりな気がするなぁ。

 

効果

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚する事ができない。

これまで特殊召喚を制限するモンスターは数多く作られてきた。昇霊術師 ジョウゲンや虚無魔人がそれに当てはまる。
これらのモンスターはスペック的にばらついていて、このフォッシル・ダイナ パキケファロは中堅的な位置づけになっている。中堅といっても、攻撃力も守備力もそれほど高いわけではなく、単体で動かすのは少し不安だが・・・。手軽さは恐らく一番だろう。

磁石の戦士 マグネット・バルキリオン、ギガンテス、守護神エクゾード、メガロック・ドラゴン、剣闘獣ホプロムスなど、岩石族の代表格であるモンスターは特殊召喚関係が多いのはいわゆる”不都合な真実”である。 まぁ、効果自体には種族に限定されていないので、単品で採用する場合には全然問題ないか。

ロックデッキなどにも対ネフティスカードとして採用の余地があるかもしれない。特殊召喚を防げば、ヴォルカニックデッキなどの手札と破壊できるモンスターの数が大きく関係するデッキも、より運用しやすくなるかも。

このカードがリバースした時、フィールド上に存在する、特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

昇霊術師 ジョウゲンは手札を1枚捨てることで特殊召喚モンスター1体を破壊した。 ジョウゲンと比べるとこちらの効果の即時性は薄く、成功率も下がってしまうが、その分安全性は高く、ライフの厳しい終盤において威力を発揮してくれる。
リバースの流れを組んでいるので、ダークファミリアや浅すぎた墓穴などのカードと組み合わせやすい。

デッキ構成

なんだかんだで特殊召喚が往来する昨今、王宮の弾圧、虚無魔人とともにいいメタカードになってくれそうだ。

・・・サンプルはかなり変則的だけど。 キメラテック・フォートレス・ドラゴンが往来し、機械族は相手に吸収される可能性が大きいので、特殊召喚を防ぐカードは機械族にとってこれまで以上に必需品になりそうだ。

デッキサンプル:

モンスター 魔法
上級
神獣王バルバロス×2
人造人間サイコショッカー×2
虚無魔人×2
サイクロン
月の書
光の護封剣
突進×2
収縮×3
浅すぎた墓穴×2
洗脳−ブレインコントロール
大嵐
抹殺の使徒×2
貪欲な壺
リビングデッドの呼び声
亜空間物質転送装置
激流葬
血の代償
聖なるバリア−ミラーフォース−
下級
ジェルエンデュオ×2
グリーン・ガジェット×2
レッド・ガジェット×2
フォッシル・ダイナ パキケファロ×3
イエロー・ガジェット×2
ならず者傭兵部隊
クリッター
N・グラン・モール