×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

VJWP-JP030

獣神機王バルバロスUr/地/獣戦士/3800:1200/8

このカードは、自分の手札・フィールド・墓地から獣戦士族モンスター1体と機械族モンスター1体をゲームから除外し、手札から特殊召喚する事ができる。このカードが戦闘を行う場合、相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる。

ゴルァバロス

神獣王バルバロスのパワーアップ版。といっても、バルバロスとの関連性は失われている。まぁ、バルちゃんはLEのカードだし、こんな早くに再販なんてしたらヒンシュク買うだろうからなぁ。

 

効果

このカードは、自分の手札・フィールド・墓地から獣戦士族モンスター1体と機械族モンスター1体をゲームから除外し、手札から特殊召喚する事ができる。

機械+獣戦士を除外することでの特殊召喚。”できる”扱いなので墓地からのリアニメイトやデッキからの特殊召喚も可能。この点は実に融通が利く。
除外するにしても、除外領域が3箇所も存在するので手札でこのカードが腐るということも少ないはず。
名推理やモンスター・ゲートからの特殊召喚を狙いつつ、手札にこのカードが来てしまったらこの効果で特殊召喚・・・というのがセオリーになりそうだ。

このカードが戦闘を行う場合、相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる。

攻撃力が3800もあるファッティモンスターのくせに、相手にダメージが与えられない・・・。
モンスターには問題なくダメージを与えられるので、モンスター除去としては問題なく機能してくれる。例えダメージを与えられずとも、存在意義は十分にあるはず。
スキルドレインを発動させ、このデメリット効果を無くすのは基本プレイ。
神獣王バルバロスや可変機獣ガンナードラゴンを組み合わせればお手軽スキドレデッキが出来上がる。
その他、カタパルト・タートルでの砲撃や偉大魔獣 ガーゼットの生け贄素材としての活躍が期待できる。

なお、ミラーマッチで威力を発揮するのが機械族モンスター魔鏡導士リフレクト・バウンダーの存在。うっかり攻撃してしまうと3800が跳ね返ってくるので注意したい。魔法の筒は言わずもがな。

補足

ところで、リクルーターの流れで除外用カードを確保したい場合、その実用性が属性により大きく左右される。

水属性の場合、グリズリーマザー自体が獣戦士族を担っているため、あとは水属性機械族をサーチしてやればよい。その流れでサーチできるカードにはサブマリンロイドなどの優秀なカードが含まれているので、この選択は比較的安定している(Vジャンプのサンプルはこれ)。

火属性の場合、先ほどと真逆でリクルーターが機械族を担っているのだが、サーチできる炎属性獣戦士族はホルスのしもべや名工 虎鉄など、使いにくいカードばかり。

闇属性をベースにすると、キラー・トマトからサーチできる闇属性獣戦士族は現時点でゴブリン暗殺部隊のみという仕様に。

光属性では幻獣を組み込むことが前提となる(個人的にはこれも楽しいと思うが)。

推理ゲートタイプのデッキならリクルーターの流れを組み込む必要はないが、いろいろタッチして遊んでみたい人への参考程度に。

デッキ構成

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
獣神機王バルバロスUr×3
神獣王バルバロス×3
混沌の黒魔術師
可変機獣 ガンナードラゴン×2
ブローバック・ドラゴン
サイバー・ドラゴン×2
D・D・R
サイクロン
スケープ・ゴート
トレード・イン
モンスターゲート×2
ライトニング・ボルテックス
光の護封剣
死者蘇生
終焉の焔×2
洗脳−ブレインコントロール
早すぎた埋葬
大嵐
名推理×3
貪欲な壺
スキルドレイン×3
激流葬
聖なるバリア−ミラーフォース−
下級
不屈闘士レイレイ×2
賢者ケイローン
サイバー・ヴァリー×2