×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

霞の谷の祈祷師/風/鳥獣/1200:1200/3/チューナー

自分フィールド上のこのカード以外のモンスター1体を手札に戻す事で、このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで500ポイントアップする。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

祈祷師

ターミナルで登場した霞の谷シリーズのチューナー。ちなみにレアリティはスーパーレア。
初見での感想は”うわ、なんかエロい”。その瞬間にマイチューナーとしてマイデッキにぶっこまれることが決定したとかしてないとか。

両腕が鳥の羽になっているので、恐らくハーピィと同系のモンスターではないかと思われる。

効果

自分フィールド上のこのカード以外のモンスター1体を手札に戻す事で、このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで500ポイントアップする。

自分のモンスターを戻すと攻撃力アップ。初期攻撃力が1200なので、パンプアップすると1700になる。他の鳥獣族強化カードを多用していれば2000を超えることも容易だ。

ただ、このカードのポイントはなんといっても”ノーコストでの自分モンスターバウンス”に集約される。これまで毎ターンモンスターをバウンスできる環境を作り出すのはなかなか難しかったのだが、このカードがあれば確実に毎ターンモンスターを手札に戻せる。これと組み合わせることで多くのコンボを作り出すことが可能だ。
例えば、効果を使い終わったブレイカーや帝などの再利用、アルカナフォースのリセット、ヴァンダルギオンの使い回しやハーピィの狩場の毎ターン使用などなど。
霞の谷シリーズでは霞の谷の雷鳥がこのカードと組み合わせること前提で作成されているようである。

チューナー

霞の谷シリーズのチューナーモンスターであるものの、デュエルターミナル第1弾には鳥獣族のシンクロモンスターは登場していない。
レベル3のチューナーとしてみるとジャンク・シンクロン、
X−セイバー エアベルン等に比べどうしても見劣りしてしまうが、自身の能力の活用範囲が広いためそこまでシンクロにこだわる必要もないかもしれない。
鳥獣族で固めたシンクロデッキを作成する際にはリクルーターからサーチできるチューナーとして活躍してくれることだろう。これからのカード展開に期待したい。

デッキ構成

バウンスというデッキジャンルの観点からX−セイバー ウルベルムとの相性が良さそうだ。

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
氷帝メビウス
雷帝ザボルグ×2
疾風鳥人ジョー
THE トリッキー×2
サイクロン
スケープ・ゴート
ハーピィの狩場×2
簡易融合×2
光の護封剣
死者蘇生
洗脳−ブレインコントロール
早すぎた埋葬
大嵐
万華鏡−華麗なる分身−×2
貪欲な壺
くず鉄のかかし×2
ゴッドバードアタック×2
激流葬
聖なるバリア−ミラーフォース−
下級
ハーピィ・クィーン×2
ハーピィ・レディ・SB
霞の谷の戦士
ドラゴンフライ×2
ハーピィ・レディ1×2
霞の谷の祈祷師×3
女忍者ヤエ
N・エア・ハミングバード
エア・サーキュレーター