×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

氷結界の龍ブリューナク 水/海竜/6/シンクロ

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分の手札を任意の枚数墓地に捨てて発動する。その後、フィールド上に存在するカードを、墓地に送った枚数分だけ持ち主の手札に戻す。

ATK/2300:DEF/1400

シンクロ氷結界

氷結界シリーズのシンクロモンスター。その美しい外見もさることながら、DTシリーズのシンクロモンスターの中では最強の効果を持っている。氷結界シリーズは総じてレア度が高いので、コレぐらいのクオリティでも許容範囲。

 

効果

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

レベル6という点ではフレムベル・ウルキサスと同じ。このレベルは比較的召喚しやすいレベルであるが、水属性の専用デッキを組み立てる場合について考えてみたい。
現在水属性で存在するチューナーはレベル2の氷結界の術者とレベル1のウォーター・スピリットの2枚。水属性のレベル4モンスターは優秀なものが多く、デッキに多く投入されるので氷結界の術者をベースに召喚する戦術は実行しやすい。一方でウォーター・スピリットにおいてレベル5モンスターを準備するには水属性という枠組みでは少し厳しい面があるかもしれない。リクルーターからのカタパルト・タートルや簡易融合が適切な処理だろう。通常に使用する分にはサイバー・ドラゴンで問題ないのだが。

自分の手札を任意の枚数墓地に捨てて発動する。その後、フィールド上に存在するカードを、墓地に送った枚数分だけ持ち主の手札に戻す。

捨てた手札の数だけバウンス。発動機会には召喚直後などの制限が設けられておらず、タイミングを選びやすい。毎ターン単発で打つのも十分に効果的だが(この手の効果の有効性はアビス・ソルジャーで証明されている)、一気に発動することによってゲームエンドに持ち込むことも可能である。
ただしタイミングを間違えればアドバンテージ差で圧倒的不利な状況に追い込まれてしまう可能性もあり、注意が必要だ。

デッキ構成

伝説の都アトランティスを入れるとレベルが下がり召喚しにくくなってしまうので、低い攻撃力を補う意味でもウォーターワールドを採用した。
大まかな手札増強手段として、E・HERO オーシャン、闇の量産工場による回収、閃光の宝札による多重ドローを取り扱った構成に。

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
ギガ・ガガギゴ
氷帝メビウス×2
ウォーターワールド×2
サイクロン
テラ・フォーミング
闇の量産工場
簡易融合×2
死者蘇生
閃光の宝札×3
早すぎた埋葬
増援
大嵐
封印の黄金櫃
鳳凰神の羽根
貪欲な壺
激流葬
聖なるバリア−ミラーフォース−
下級
デュアル・ランサー×2
E・HERO エアーマン
E・HERO オーシャン×3
グリズリーマザー×3
氷結界の術者×3
ディープ・ダイバー×2
クリッター
ウォーター・スピリット×2
氷結界の番人ブリズド