×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DT08-JP012

ネオフレムベル・ヘッジホッグ/炎/炎/800:200/3/チューナー

このカードが戦闘によって破壊された場合、相手の墓地に存在するカード1枚を選択してゲームから除外する。フィールド上に存在するこのカードがカードの効果によって破壊された場合、自分の墓地に存在する「ネオフレムベル・ヘッジホッグ」以外の守備力200以下の炎属性モンスター1体を選択して手札に加える。

ハリネズミ

一度DTから遠のき、ANPRでパック収録に移行したフレムベルが”ネオフレムベル”としてDTに帰ってきた!!
このヘッジホッグはその中核となりえるチューナーで、実に考察向きのカードである。

 

効果

このカードが戦闘によって破壊された場合、相手の墓地に存在するカード1枚を選択してゲームから除外する。

ネオフレムベルが持つテーマは”相手の墓地を除外する”ということ。そして、相手の墓地のカード枚数や状況に応じて効果を発動するモンスターで構成されている。
ヘッジホッグは戦闘で破壊された場合に相手の墓地からカードを1枚除外するという、非常に基本的な能力を持つ。手札から奇襲できる
D.D.クロウほどの汎用性は持たないが、バトルフェイズ中は相手も行動が制限されており、意外に効果的なタイミングといえる。

フィールド上に存在するこのカードがカードの効果によって破壊された場合、自分の墓地に存在する「ネオフレムベル・ヘッジホッグ」以外の守備力200以下の炎属性モンスター1体を選択して手札に加える。

戦闘で破壊されなければ、このカードは無駄になるのか・・・といわれると、そんなことはない。このカードはカード効果で破壊された場合、墓地からの炎属性モンスターを回収能力が備わっているのである。どちらかといえば、除外能力より回収能力の方をメインに扱いたいところだが、スペックがスペックなだけに、こちらを優先するのはなかなか難しそうである。
ユベル−Das Abscheulich Ritter+ネフティスの鳳凰神デッキではかなり相性がよさそうな気もする・・・。

対象となるのはフレムベル・ヘルドッグと同じ条件のモンスター。フレムベル・パウンほどのバリエーションが無いのは残念だ。フレムベルはフレムベルカウンターや真炎の爆発など、墓地のモンスターを利用するカードが多いので、回収するカードには注意を払いたい。
手札で利用するフレムベル・ベビーやシンクロ召喚時のみ能力を発動する
エンシェント・ゴッド・フレムベルなどがオススメ。