×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SD18-JP003

マシンナーズ・ピースキーパー/地/機械/500:400/2/ユニオン

フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキからユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に装備カード扱いとして自分フィールド上の機械族モンスターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)

このデザイン・・・どこかで

”ユニオン”という新たなテーマを得た新マシンナーズの1枚。ユニオン全体をサポートできるので、使用デッキは多岐に渡ると期待している。

 

効果

フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキからユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。

デッキからユニオンをサーチできる非常に珍しい能力を持つ。ユニオン愛好家にはかなり嬉しい話だ。”フィールド上に存在するこのカード”という括りなので、このカードが装備カード状態であったとしても問題なくサーチを おこなえるのが利点。
このカード自身はマシンナーズ・ギアフレームで相互サーチができるようになっている他、スクラップ・リサイクラーで墓地に送った後にゲットライド!で場に戻すユニオン特有の戦術も。
機会複製術で大量に展開すれば、序盤からかなりのアドバンテージを得ることができる可能性が高い。

1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に装備カード扱いとして自分フィールド上の機械族モンスターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)

装備対象となるのは機械族のみ。ユニオンといえば装着時に何らかの付加能力を得るが、ピースキーパーができるのは破壊全般を肩代わりすることのみである。あえて挙げるなら自爆の可能性があるガトリング・ドラゴンなどがオススメ。

ユニオンモンスター例(〜2011.4)

◇機械族関連
マシンナーズ・ギアフレーム
■マシンナーズ・ピースキーパー
アーマード・サイバーン
■Y−ドラゴン・ヘッド(
XYZ−ドラゴン・キャノン)
■Z−メタル・キャタピラー(〃)
■W−ウィング・カタパルト
■強化支援メカ・ヘビーウェポン
■オイルメン
■トライゴン(
デルタトライ)
■バスター・ショットマン
■ヴァイロン・テセラクト
■ヴァイロン・ペンタクロ
◇その他種族
■騎竜(闇魔界の戦士 ダークソード
■漆黒の闘龍(〃)
灼岩魔獣
■氷岩魔獣
■ゾンビタイガー(朽ち果てた武将
メタル化寄生生物-ルナタイト
■アーマー・ブレイカー
■六武衆の御霊代
■デス・デンドル
■コイツ
■ドイツ
■セコンド・ゴブリン
■守護霊アイリン

マシンナーズXYZなどの機械族系に関しては投入しても全く問題ない。その他の種族に関してはサイバー・ドラゴンなど無理のない範囲で機械族を入れて使ってもいいし、この際サーチカードとして割り切ってもいいと思う。
そういえば
ユニオン・ライダーって機械族だったよなぁ・・・とか。