×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TDGS-JP042

ゴヨウ・ガーディアン/地/戦士/2800:2000/6

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、そのモンスターを自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する事ができる。

ゴヨウ

TDGSシンクロモンスターの1枚。アニメでは牛尾が使用している。
シンクロモンスターはレベルの低さが必ずしも使いやすさ、召喚のしやすさなどとマッチしているわけではないのだが、このカードはレベル6で攻撃力2800という強烈スペックを誇っており、レベルにおけるパワーバランスの基準がベラボーにデタラメ。

 

効果

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

一ついえるのは種族も属性もレベルもシンクロ条件も同じで、スペックに決定的な差がある大地の騎士ガイアナイトの立場がないってことだ。
アニメ基準ではジュッテ・ナイトが基本チューナー。リクルーターに荒野の女戦士を採用して、地属性戦士族ってところだろうか。

このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、そのモンスターを自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する事ができる。

相手モンスターを奪うこの効果には歴史があり、過去にも同様の効果を持ったモンスターが数多く存在している。
アルカナフォースVII−THE CHARIOT、エーリアン・マザー、ジャッカルの霊騎士、ヴァンパイア・ベビー、ブレイン・クラッシャーがこれに属する効果を持つモンスターたちだ。
この効果を有効に使用するためにどうしても必要になるのが、モンスター自身のポテンシャルである。攻撃力が高ければ高いほど効果の対応範囲も広がるし、戦闘で勝つことができるのであれば効果を何度も使用することができる。
この効果を持つ歴代モンスターは総じて”攻撃力が低い”という致命的な欠陥があった。おまけにわざわざ上級だったり、コイントスだったりと、運用をためらうものばかり。
それらと比べれば、ゴヨウ・ガーディアンの召喚のしやすさ初期とスペックの高さがどれほど実用的なものかよくわかっていただけるだろう。

攻撃力と召喚サポートを他のカードで補う必要がなければ、その分円滑にモンスターを奪うサポートに力を注ぐことができる。
例えば、相手モンスターの効果を無効化するレインボー・ヴェールや、ゴヨウ・ガーディアン自身を守るためのカウンター罠、我が身を盾になどのカードをデッキに割り当てるといい感じに。 同シンクロの
スターダスト・ドラゴンと並べての運用も効果的だ。

デッキ構成

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
光帝クライス×2
邪帝ガイウス×2
サイバー・ドラゴン
アームズ・ホール
サイクロン
レインボー・ヴェール×2
フォース
強制転移
光の護封剣
死者蘇生
早すぎた埋葬
増援
大嵐
貪欲な壺
激流葬
神の宣告×3
聖なるバリア−ミラーフォース−
魔宮の賄賂×3
下級
D.D.アサイラント×2
霞の谷の戦士
巨大ネズミ×2
ジャンク・シンクロン×2
ならず者傭兵部隊
クリッター
N・グラン・モール
アーマー・ブレイカー
ボルト・ヘッジホッグ
ジュッテ・ナイト×2
クロス・ポーター