×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION


カオスを有効活用する


<趣旨>
ソ−サラーを使ったカオスデッキにカウンターを仕込むことによってソーサラーの延命をはかり、その効果を有効活用する。

<製作経路>
今回、カオスを作るにあたり開闢なるカオスの強さを考えてみた。
私の経験では開闢の強さは2点に絞られていた。一つ目はその召喚条件である。圧倒的不利な条件から突然召喚し、相手の切り札を破壊できるというものだった。そしてもう一つは消耗戦の果てでの2連続攻撃である。そしてこの2つの条件の中で困っていたのは明らかに前者であった。
ソーサラーをこれらに当てはめると、言うまでも無く前者の働きができる。おそらく、現段階でカオスの再現を図ろうとする人は少ないと思うが、デッキの組み方で一つのジャンルになれると私は確信している。

ソーサラーを主体にするとして、果たして何と組み合わせればよいか考えた。世の中にはガジェット、ネフティスの2大デッキがまだ残っている。
除去ガジェットに見られるように除去する手段というものはどんな小細工カードより活用できてしまう。つまり、魔法も罠も相手を葬るものがもっとも手っ取り早く、使いやすいという一つの結論が世に渡っているということになる。逆に言うとデッキを作るにはこの点を考えればよい。延命を図ろうとするならば、それらを防げばよいのである。
ネフティスデッキにも同じようなことが言えた。ネフティスのキーである本体とブラックホール。この2枚を防げば対応できるはずだ。

かくして、カウンターを投入することになった。


モンスター 魔法
上級
カオス・ソーサラー×3
サイバー・ドラゴン×2

下級
霊滅術師 カイクウ
忍者マスターSASUKE
ブレイドナイト
同族感染ウィルス
魔導戦士 ブレイカー
ミラージュ・ドラゴン
異次元の女戦士
キラー・トマト
ニュードリュア×2
クリッター
メタモルポット
聖なる魔術師

サイクロン
スケープ・ゴート
強奪
ブラック・ホール
強欲な壺
ハリケーン
早すぎた埋葬
大嵐
地砕き×2
抹殺の使徒×2
 
ダスト・シュート
八式対魔法多重結界
マジック・ドレイン×3
リビングデッドの呼び声
神の宣告×3
停戦協定
和睦の使者

モンスターについてはコメントするところはなし。
魔法カードは最低限に破壊カードがあれば事足りるという考えである。
罠カードの基本はカウンターだ。今更ながら神の宣告は使いどころによって圧倒的強さを誇る。ネフティスにしろ、ガジェットにしろ初めの一歩を止めればデッキも止まるはずである。
宣告はそのコストから懸念される部分もあるが、実際のゲームでは均衡状態から一転し一瞬で勝敗が決することが多い。その一瞬を制せば優位に立てるのは疑いの余地に無い。いかなる終盤でも発動できる『ライフ半減』は実は非常に便利なのだ。
ちなみに停戦協定はソーサラー用。

・対ガジェット
今回試験用に組み込んであるダスト・シュート。相手の手札を見て、モンスターをデッキに戻す。しかもノーリスク。相手の手札が少ないときには役に立たないが、実際には押収も同じことが言えるので問題にならない。
ガジェットは初めの召喚を潰せば止まるので宣告も非常に有効である。

・対ネフティス
これはソーサラーそのものである。場が全滅しても墓地さえ揃えばネフティスを除外することができる。このカオスの力は多くの人が知っているはずなのだが・・・。


とうことで私なりにカオスを作らせてもらった。
多くの人が培ってきた『カオス』は開闢のことではなく、そこに含まれていたさまざまな技術のすべてではないだろうか。そう考えるとカオスはまだ消滅していないはずだ。
人が積み重ねてきた経験を総破棄しようとするのはなんともおこがましい事であるし、それでは今まで何をしてきたのかという疑問しか残らないだろう。
私はより多くの人にこれからのカオスを考えてもらいたい。今後のカオスの発展を願い∞(インフィニット)の文字を送ることにする。


戻る