×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION

 


逆エクゾとは?

逆エクゾとは、相手の手札にエクゾディアを揃えることで敗北するというS−Dデッキのことである。難易度はトリプルAクラス。ここまで来ると、もう勝ち負けの理屈ではない、意地の戦いだ。

 

デッキ:『逆エクゾTAKEU』

モンスター 魔法
上級

下級
冥界の使者×2
封印されしエクゾディア
クリッター
聖なる魔術師
封印されし者の右足
封印されし者の右腕
封印されし者の左足
封印されし者の左腕
おジャマ・イエロー×2
おジャマ・グリーン×2
おジャマ・ブラック×2

おジャマジック×2
エクスチェンジ×3
サンダー・クラッシュ
闇の量産工場
天使の施し
封印の黄金櫃×2
鳳凰神の羽根×2
凡骨の意地
魔法再生
魔法石の採掘
無限の手札
貪欲な壺
 
おジャマトリオ×3
グラヴィティ・バインド−超重力の網−
宇宙の収縮×3
光の封札剣×2

 

テーマ構成

現在相手の手札に自分のカードを送りつける手段はエクスチェンジしかない。そこで、このカードをメインで使用していくことになるのだが、やはり多くの問題が存在する。

・相手がエクゾパーツを選んでくれるとは限らない

この問題を解決するには手札をエクゾパーツだけにしておくのが一番簡単なのだが、それは意外と難しいし、後のプレイにハイリスクを負わせることになる。
そこで今回はおジャマターボをチョイスした。手札がジャマとエクゾパーツで満たされている場合、相手はエクゾの方を障害と認識する可能性が高いため、パーツを選んでくれる確率が上昇する。
それ以外にも手札のカードを増やすことでアクション範囲を拡大し、魔法石の採掘といったエクスチェンジ再利用のためのカードを使いやすくする狙いがある。

渡した破片をコストに利用されたり、召喚される可能性がある

この問題点は宇宙の収縮を利用したコスモロックで対応する。召喚、魔法、罠の発動を抑止できるロックは数少ない。
トランスロックも同じように使用できるが、魔法、罠の発動は防ぐことができないため危険性は高い。

・自分の手札にエクゾパーツを揃える必要がある

まず自分の手札にパーツを呼び出さなければ意味が無い。黄金の封印櫃はもちろん、おジャマからの凡骨の意地冥界の使者+サンダー・クラッシュによる速攻呼び出し術も健在。

手札枚数調整の危険性

ロックもした。順調にパーツも渡している。
しかし、気をつけなければいけないのが手札枚数超過による捨て札。それを防ぐために
無限の手札が挙げられる。ただしこのカードは相手への影響力は無いため、エクスチェンジで渡して使わせなければならない。
手札におジャマと無限の手札が混在している場合、無限の手札をチョイスされる可能性は高いだろうが・・・。
相手に使わせるためには巧みな話術が必要となるだろう。
もう一つ、相手の手札を戻したり捨てたり、ドローを防いだりしてこちらで手札を調整させる手段も考えられるが、そこまで出来る保障はないし、こちらのカード回りが悪すぎる欠点がある。

 

あとがき

根性でがんばれ。


戻る