×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


禁止枠

モンスター 魔法
上級
カオス・ソルジャー −開闢の使者−
混沌帝龍 −終焉の使者−
カオス・ソーサラー
ヴィクトリー・ドラゴン
混沌の黒魔術師↑

下級
黒き森のウィッチ
処刑人-マキュラ
ファイバーポッド
魔導サイエンティスト
八汰烏
キラー・スネーク
サイバーポッド
同族感染ウィルス
サウザンド・アイズ・サクリファイス
月読命
デビル・フランケン
聖なる魔術師
D-HERO ディスクガイ↑


 

悪夢の蜃気楼
苦渋の選択
強引な番兵
心変わり
サンダー・ボルト
蝶の短剣-エルマ
ハーピィの羽根帚
強欲な壺
いたずら好きな双子悪魔
ブラック・ホール
王家の神殿

遺言状
天使の施し
押収
強奪
突然変異
次元融合↑
早すぎた埋葬↑
王宮の勅命
第六感

刻の封印
現世と冥界の逆転
ラストバトル!
破壊輪
リビングデッドの呼び声

制限枠

モンスター 魔法
上級
森の番人・バブーン
冥府の使者ゴーズ
風帝ライザー
サイバー・ドラゴン↑
 

下級
異次元の女戦士
クリッター
ドル・ドラ
封印されしエクゾディア
封印されし者の左足
封印されし者の左腕
封印されし者の右足
封印されし者の右腕
マシュマロン
メタモルポット

深淵の暗殺者
黄泉ガエル
ダンディライオン
魂を駆る死霊

E・HERO エアーマン
N・グラン・モール
カードガンナー
スナイプストーカー
魔導戦士 ブレイカー↓


 

大嵐
サイクロン
団結の力
手札抹殺
光の護封剣
スケープ・ゴート
リミッター解除
レベル制限B地区
未来融合−フューチャー・フュージョン

ハリケーン
封印の黄金櫃
オーバーロード・フュージョン
巨大化
地砕き
地割れ
洗脳−ブレインコントロール
高等儀式術

死者蘇生
名推理↑
モンスターゲート↑

 

激流葬
聖なるバリア -ミラーフォース-
死のデッキ破壊ウイルス
停戦協定
魔法の筒
グラヴィティ・バインド−超重力の網−
血の代償
マインドクラッシュ
光の護封壁
ダストシュート
転生の予言

おジャマトリオ
異次元からの帰還↑

準制限枠

モンスター 魔法
上級
暗黒のマンティコア

裁きの龍↑
ダーク・アームド・ドラゴン↑

下級
闇の仮面
ネクロフェイス
召喚僧サモンプリースト↑
ファントム・オブ・カオス↑
レスキュー・キャット↑

 

月の書
魔法石の採掘
おろかな埋葬
抹殺の使徒↓
連鎖爆撃↓
生還の宝札↑
 

 

解除枠

光と闇の竜
D-HERO ディアボリックガイ
魔導師の力
増援
王宮のお触れ

一言
今回の改正のポイントは主に3つ。1つは環境を風潮したもの。2つ目は今頃かよ!!と思えるもの。3つ目は居たことすら覚えていないものである。
環境潰しはまさにドグマブレードに絞られているといっていい。新禁止となった4枚や新制限の名推理やゲートはまさにブレードの中心的なカードだった。名推理、ゲートはかなり前から制限化してほしいという要望があったにもかかわらず長らく放置されていたカードで、本当に『やっと』感が漂っている。何気に影響のあるデッキも多いかも。
裁きの龍、ダーク・アームド・ドラゴンなんかはそれぞれのアーキタイプがしっかりと作られたという証拠だろうか。元々3枚積む必要はないカードなので、それほど影響は無さそう。
サ イバー・ドラゴンは今頃感が強い。バイス・ドラゴンのような同効果を持ったモンスターが多数存在していることを考えると、暫くこの枠に収まってしまうことも考えられる。
生還の宝札もそろそろ来そうなカードだった。2枚だとまわりにくいこのカード、ある意味このポジションはバランスが取れている。
レスキュー・キャットはエアベルン対策か(他にも考えられるところは2,3あるか)。
解除枠は今更感が漂うカードが多い。魔導師の力なんてなんだ、まだいたのかよ、と思わずに入られないカードだなぁ。

ブレードに隠れてしまいがちだが、D−HEROや魔法使いデッキ、除外デッキなど基本的なデッキにいくらか影響が出てきてしまっているのが今回の実態。それぞれのデッキでどのような工夫がなされていくのかに注目していきたい。

 


戻る