×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■菌糸の伝説

モンスター 魔法
上級
無敗将軍フリード×2

下級
電動刃虫
ピクシーナイト×2
マタンゴ×3
荒野の女戦士×2
ダーク・カタパルター
メタモルポット
地霊使いアウス×3
トラップ・マスター
精神寄生体
ビッグ・シールド・ガードナー 

 

異次元の境界線×3  バベル・タワー×2
王家の呪い
偽物のわな
迎撃準備×2
血の代償×2
砂漠の光×3
時の機械−タイム・マシーン−
生贄封じの仮面×3
洗脳解除×3
復活の墓穴 
 

<作者の言葉> 

《コンセプト》
「マタンゴ」でロックバーンを目指します。ロックには使いにくいことで有名(?)な「異次元の境界線」を採用。
このため、魔法わずか三枚という異色の構成に仕上がっております。墓地に魔法が落ちたときのための「ピクシーナイト」はロックが働いていない時に効果発動可能なので問題なし。
「マタンゴ」は立派な戦士なので「荒野の女戦士」がリクルーターとして働きます。
彼が恋しくなったときや相手が彼を離さない時(あるのか?)には無理やりにでも取り返しましょう。そして再度ブン投げましょう。


<主催者の言葉>

巾着にヌンチャクがー・・・。ということで菌糸デッキの登場です。ちなみに町おこしさんはこの企画を持って初投稿してくださいました。ありがとうございます。
このデッキは私もまだ使用していないロックカード、異次元の境界線がチョイスされています。このカードを使うにあたり、魔法カードを回収するためにピクシーナイトがデッキに投入されている点などはかなりいい感じではないかと思います。その他のモンスター選択も全体的に下位互換な感じが出ています。
やはりマタンゴに生け贄封じはフィットしますね。


戻る