×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■限界バトル

モンスター 魔法
上級
霞の谷の大怪鳥

下級
磨破羅魏
ケルドウ×2
巨大ネズミ
大王目玉
悪魔の知恵×2
コカローチ・ナイト×3
ペンギン・ナイト
カオスポッド×2
迷犬マロン

おろかな埋葬
グリフォンの羽根帚
ショット・ガン・シャッフル×3
デーモンの宣告×3
デーモンの斧
モンスター回収
リサイクル
リロード×3
一角獣のホーン
記憶抹消
謙虚な壺
打ち出の小槌
明鏡止水の心
貪欲な壺
コザッキーの研究成果×3
重力解除
連鎖破壊

<作者の言葉> 

《コンセプト》
相手と戦うのではなく、自分のデッキのコカローチ・ナイトとバトルするデッキです?
コカローチ・ナイトを引いてしまったら、即座に対応できるようにシャッフル系のカードをチョイスしました。また、効果適応後に、デッキの一番上に戻ってしまった際は、マハラギやデーモンの宣告でコントロールしていきましょう。
連鎖破壊はコカローチ・ナイト召喚チェーン発動。でより高みを目指す人にお勧めです。

《弱点?》
次元系、異次元の指名者(コカローチ・ナイトが除外されてしまうので)


<主催者の言葉>

コカローチ・ナイトと限界バトル叩きつけて、傷ついたっていんじゃない?
コカローチ・ナイトは使用してみるとわかりますが、非常に強敵です。私手に負えないことがよくありました。このデッキではその問題を解決するためにシャッフル系のカード、それもS−Dで見られるようなカードをチョイスしてくれています。
これらのシャッフルカードはその目立たない効果だけでなく、ダメージ等のデメリットを含んでいる場合が多ので、S−Dを作成する場合に視野に入れておくと非常に便利です。

それにしても、連鎖破壊からのコカローチ処理はものすごいプレイングの技術が要求されますね。技術を磨けることもS−Dの良さだと私は思います。


戻る