×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ライブラリアウト

モンスター 魔法
上級

下級
炎の女暗殺者×3
巨大ネズミ×2
ジャイアントウィルス×3
素早いモモンガ×3
カオスポッド×3
メタモルポット
デス・ラクーダ
ダークファミリア×2 
 

おろかな埋葬×2
リバースソウル×2
レベル制限B地区
月の書
手札抹殺
成金ゴブリン×2
浅すぎた墓穴×3
天使の施し
グラヴィティ・バインド−超重力の網−×2
岩投げアタック×2
強欲な瓶×3
砂漠の光×2

<作者の言葉>

デッキ切れを狙うデッキ。ただし自分のデッキですけど(笑
ロックバーンや普通のライブラリアウトに見せかけて、どんどん自分のデッキを削っていきます。
ゲートや名推理などを使って一気に自分のデッキを削ることもできますが、数枚差でギリギリ負けてこそのS-Dですので、苦労して自分のデッキを削る方法を取っています。

今回は負け方にこだわってみました。


<主催者の言葉>

来ました。自分を食すデッキが。
やはりキーとなるのはプラスマイナスどのように働くのか解らないカオスポッドの存在。更に自らのデッキを除外する炎の女暗殺者。
それぞれの駆け引き的な動きが鍵になるか。

ただ、このデッキにはまだまだ煮詰められる部分が残されていると感じます。例えばこのデッキにわざと「デッキを増やしてしまう」カードを入れることで、ゲームをより白熱させる意味での「矛盾」を加えることも可能ですし、メタモルを使いまわす際に相手のデッキが切れてしまわないように考慮する技術を加えても面白いと思います。

いずれにしろ、発想はすごくお気に入りです。


戻る