×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■グラディウス

モンスター 魔法
上級
ユーフォロイド×2
サテライト・キャノン×2

下級
X−ヘッド・キャノン×2
V−タイガー・ジェット×2
シャインエンジェル×3
ビクトリー・バイパーXX03×3
超時空戦闘機ビック・バイパー×3
オプション×3

7カード×3
サイクロンレーザー×3
シャインスパーク×3
パワーカプセル×3
闇の量産工場×2
 
アクアの合唱×2
アヌビスの呪い×3

<作者の言葉> 

光属性の機械主体(というかバイパー主体です)のデッキ。
モンスターは全て飛行能力を持ったものばかりです(ん?シャイン?生えてるでしょ)。このため、落とし穴には落ちません(ウソ
いかにバイパーをパワーアップさせるかに心血を注いでおります。

<特筆>
制限・準制限を一切排除!

<戦術>
シャイン→ユーフォロイド→サテライトと繋ぎます(マテ

<コンボ>
ビック・バイパー+サイクロンレーザー+アヌビスの呪いで大ダメージを狙います。

<弱点>
酸の嵐を使われるとちゅどーん!

<問題点>
ハマると勝っちゃう(汗


<主催者の言葉>

グラディウス(バイパー)デッキをS−Dで。バイパーってそんなにネタになるのか・・・ということ自体が持っていない私にとっては嘆かわしい(涙
このデッキはバイパーにこだわり過ぎてS−D、通常共通のカードすら端折られているのが大きな特徴ではないかと思います。こういった思い切った発想の転換は実にすっきりします。
そして、それと入れ変わりで投入されているカードたち。
なぜか針の穴のようなポイントに力を注いであります(アヌビスの呪いって条件的に乱用できるものでもないのに3枚積み・・・摩訶不思議です。)

このデッキはまさに真のバイパー卿に挑戦状といったところでしょうか。


戻る