×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■S-Dロック

モンスター 魔法
上級
溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム×3

下級
プリンセス人魚×3
月読命
イナゴの軍勢×2
闇の仮面
スカラベの大群×2
デス・ラクーダ×2

サイクロン
ダブルトラップ
レベル制限B地区
悪夢の鉄檻×2
死者転生
手札抹殺
天使の施し
平和の使者×2
 
おジャマトリオ×2
グラヴィティ・バインド−超重力の網−×2
マジック・ジャマー×3
洗脳解除×3
地獄の扉越し銃×3
破壊指輪×3
 

<作者の言葉>

見た目は普通のロックバーン(?)ですが、ラヴァを洗脳解除で自分の場に戻した時からこのデッキのS-D戦術がスタートします。
このデッキは、自分の場のラヴァと戦うデッキです。基本的にはラヴァの効果ダメージを扉越し銃で相手に移します。
扉越し銃はデッキに3枚までしか入れられないため、このままでは勝ち手段がありませんので、闇の仮面+月読命で回収して8回打つことを目指します。痛魂の呪術が打てれば楽なのですがチェーン不可なので不採用です。
扉越し銃が回収できずにあっけなく負けてしまうのを防ぐために、回復手段としてプリンセス人魚を採用。もしくは、破壊指輪でラヴァを破壊して体勢を立て直します。


<主催者の言葉>

かつてロックは幾度となく挑戦してきましたが、ラヴァのみに焦点を絞ったデッキが始めてお目見えしました。
ラヴァのダメージを活用する方法の中でも最も相手に挑発的といいましょうか、皮肉っている地獄の扉越し銃がベースにされている点も注目度が高いです。
 

ロック手段には、ロックになっているのかよくわからない、ぶっちゃけセコイ、高校にいる英語教師みたいな、そんな平和の使者が採用されています。
このカードの死線の流れから回復手段に選出された(であろう)プリンセス人魚にもがんばってもらいたいところですね。


戻る