×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION

 


地獄詩人へルポエマー/闇/悪魔/2000:1400/5/S-D
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合効果が発動する。このカードが墓地に存在する限り、相手のバトルフェイズ終了時に相手は手札からカードを1枚ランダムに捨てる。このカードは墓地からの特殊召喚は出来ない。

我は詩人であるぞ

ヘルポエマーが「ポエ〜」としゃべるのはピカ○ュウが「ピカ○ュウ」と鳴くのと同じ発想。

 

使い方

S-Dで一番初めに使いたいと感じたのがこのカード。いまだこのカードを通常デッキで使いこなしている人を見たことがありません。なんてったって複雑ですよね〜。原作通りの効果に設定しなければ、もしかしたらもっと影響力の強いカードになっていたのかも。
このカードが使われているS-Dデッキ、「会議は踊る 詩人は唄う 地獄の詩を」では相手に送りつけ、こちらの攻撃力ないしポエマーの攻撃力を増減させて戦闘破壊を行う手法をとりました。この戦術はこのカードを通常デッキで使う場合にも多分に有効ではないかと思われます。

◇相手に送りつけるカード(S-D版)

シエンの間者
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。このターンのエンドフェイズ時まで、選択したカードのコントロールを相手に移す。

強制転移、死のマジック・ボックスは通常デッキでも使われる手法なのでよりS-D化を目指したいなら是非ともこのカードで狙って行きたいところ。
このカードは天よりの宝札にも役立つのでS-Dでの使い道は多いと思います。
戦う上ではある程度相手とのパワー差を考慮せざるを得ないと思いますので、シエンだけではなく強制転移等も仕込んでおいた方が良いとは・・・思いますけど。偏らず、幅広い感じでの採用を心がけましょう。

◇攻守増減で戦いやすく(S-D版)

右手に盾を左手に剣を
エンドフェイズ終了時まで、このカードの発動時に存在していたフィールド上の全ての表側表示モンスターの元々の攻撃力と元々の守備力を入れ替える。

凶暴化の仮面(装備)
装備モンスターの攻撃力を1000ポイントアップさせ守備力を1000ポイントダウンさせる。
自分のスタンバイフェイズ毎に1000ライフポイント払う。払わなければ、このカードを破壊する。

ダークジェロイド
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、フィールド上の表側表示モンスター1体を選択する。
そのモンスターはフィールド上で表側表示で存在する限り、攻撃力が800ポイントダウンする。

送りつけたポエマーを戦闘で破壊するための手段。通常デッキでは送りつけてからサイバー・ドラゴンでも召喚すれば簡単に破壊できますが、サイドラをS-Dで使うのは面白くないのでより遠回りな手法を狙って行きたいところです。
上に挙げたカードはほんの一例で、もっと多くの攻守増減カードがあります。装備以外にもいろいろ試したいですね。ただし、収縮、突進は通常デッキでも使うのでオススメできない・・・。

このカードのかっこよさは相手がバトルフェイズを行った場合のみ手札を捨てさせる効果。これをお慈悲と呼ばずになんと呼びましょうか。
情けをかけるんです、コイツ。詩人の考えることは良くわからん。


戻る