×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION

 


D−HEROをS−Dで使用する。


<趣旨>

世間を騒がせることは無いものの、地味にファンが付いたり、本当に嫌いという人がいたりといろんな意味で面白いD−HERO。
今回はこいつ等をS−Dで使用する方法を考えてみることにしよう。
普段の考察ではそれぞれのカードについて、極力扱いやすいように配慮してきた(つもり)だが、超専用デッキクラスとなると話は変わってくる。「できるだけ多くのHEROに対応したデッキを作りたい!!」 これが今回のテーマ。デッキスペースの多いS−Dでなければ作れないものを目指したいと思う。


<D−HERO>

まずはS−D向きのカードチョイスから。

D−HERO ドレッドガイ、幽獄の時計塔

召喚のややこしさはピカイチ。フィールドカードもS−D向きの複雑且パッとしない効果である。召喚の派手さとしては切り札旧といっても差し支えないだろう。
思い誤ると通常召喚しちゃったりするかもしれない・・・。

D−HERO ダイヤモンドガイ

通常魔法を放てるという意味でもデッキを圧縮できるという意味でも、デッキを回しにくいS−Dには影響力の強い一枚。最終戦争 などの化物級S−Dを使いこなすには是非欲しい。

D−HERO ダブルガイ

低い攻撃力に高いレベル、無駄な規制と3拍子揃っている。飛び出したトークンを以下に無駄遣いしてやるかも楽しみの一つ。

D−HERO ディフェンドガイ
相手ターンのスタンバイフェイズ時にこのカードが表側守備表示で存在する場合、相手プレイヤーはカードを1枚ドローする。

地味なことからこつこつと、負けの色が染まっていくのです・・・。

D−タイム(ディー−タイム)
自分フィールド上に存在する「E・HERO」と名のついたモンスターがフィールド上から離れた時に発動する事ができる。そのモンスターのレベルと同じレベル以下の「D−HERO」と名のついたモンスター1体をデッキから手札に加える。

ここぐらいで使わないと、一生使うことがなさそうなので投入してみよう。ハミゴのE・HEROはレベルの高いもののほうがシナジー効果が増えるな・・・。何がいいかな。


<デッキ構成>

漠然と・・・「男臭いデッキ」にしたい。


モンスター 魔法
上級
D-HERO ドグマガイ
E・HERO ネオス×2
D-HERO ダッシュガイ×2
D-HERO ドレッドガイ×2

下級
D-HERO ダイヤモンドガイ×2
D-HERO ドゥームガイ×3
D-HERO デビルガイ
N・アクア・ドルフィン
D-HERO ダガーガイ
幸運を告げるフクロウ
D-HERO ディフェンドガイ×2

 

D−スピリッツ
我が身を盾に×2
テラ・フォーミング
旧神の印
最終戦争
死皇帝の陵墓
死者の生還
振り出し
生け贄人形
天よりの宝札
天使の施し
幽獄の時計塔×3
 
D−シールド
D−タイム×2
デステニー・ミラージュ
王宮の重税
血の代償×2


 

<その他ポイント>

むっさい。
このデッキはモンスターの多さが魅力。血の代償により確実にライフを削っていく。せっかく召喚したモンスターは我が身を盾にによって意地でも守る。といったデッキ。
魔法は主にダイヤモンドガイに対応したものからチョイスした。ダイヤモンドがあればそれなりに使えるが、実はそれでも微妙な効果のカードが多かったりする。
ハミゴのE・HEROにはネオス、そしておまけにドルフィンを加えた。融合によって効率よくD−タイムを行うのが狙いだ。


戻る