×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION

 


S-D型ロック


<趣旨>
過去に作ったデッキを反省を踏まえより「悪く」しようというのが今回の趣旨。別にネタ切れとかではない。多分。
その第1段として上げられるのがS-D型ロック。制限改訂などで通常デッキのロックが大打撃を受けた今日、果たしてS-Dの立場とは一体なんなのか!?
を、もう一度考え直そうと思う。わかったか、パブロフの犬よ。わんわん。

<デッキ構成>

ロック

通常、ロックと言えばレベル制限B地区、グラヴィティ・バインド−超重力の網−の2枚が必要不可欠。しかし制限によりこれらは合計3枚しかデッキに投入できない。正直、餓死れと言っているようなものである。
だが、S-Dの根本から見ればこいつ等のようなベタな存在自体許されないのかもしれない。そこで前回の反省を踏まえ、こいつ等は使わない。

で、新たなロックが必要になってくる。これまでS-Dで挙げたロックと言えば、

サイバー・バリア・ドラゴン+旅人の試練+暗黒の扉のサイバーロック
・重力の斧−グラール
・怨霊湿地帯
・つまずき
・リバイバルスライム

などがある。結構飽きる構成なので、今回はこれ以外にもロックを投入してみたい。新しい物好きな私としては新カードが望ましい。
で、D−HERO ダイハードガイを出してきた。暗黒の扉を使用し場にダイハードを2体並べれば相手は壁を突破できないではないか!
(そんなスコンスコンな場は既にロックではない気もするが・・・)

上級

ロックの王様と言えば守護者スフィンクスだ。だが、こいつもS-Dで使うのは面白くない。ここでも前回の反省を踏まえねばならない。
S-D用の新たなる上級が必要だ・・・。
面構えを見る限り、
守護神エクゾードが召喚条件付でなかなかヘタレっている。スフィンクスから流れるところも面白い。いっそアンドロシリーズから展開したいところだ。


モンスター 魔法
上級
スフィンクス・アンドロジュネス
アンドロ・スフィンクス
スフィンクス・テーレイア
守護神エクゾード

下級
ビッグ・シールド・ガードナー
ギア・ゴーレム
リバイバルスライム×2
グレート・スピリット×2
リボーン・ゾンビ
マイン・ゴーレム×3
タイム・ボマー
D−HERO ダイハードガイ×2

グリフォンの羽箒×2
暗黒の扉×3
生還の宝札
幽獄の時計塔
我が身を盾に×2
天使の施し
燃えさかる大地
悪夢の拷問部屋
黒蛇病
アンティ勝負
ディフェンド・スライム×2
光のピラミッド×2
アストラル・バリア
マジカル・エクスプロージョン
地獄の扉越し銃×2
岩盤爆破

<その他ポイント>

そんなわけで編集し直したバーンロック。これが技術の進歩か(なんか違う)。

モンスターでのバーン要素は守護神エクゾード 、マイン・ゴーレム、タイム・ボマー。上級にはアンドロシリーズを完備。ピラミッドとグリフォンによりジェネシスを召喚可能。そんなせっかくのジェネシスをエクゾードに変える気満々の私がいる。
後はグレート・スピリットでひっくり返せるようなモンスターを配置。もちろん単体では何らかのデメリットを持っているものが多い。

魔法にいたっては戦闘以外での破壊を防ぐため我が身を盾に×2を装備。このデッキのロックはすべて暗黒の扉に繋げてある。戦闘ダメージはスピリット・バリアではなくより難易度の高い 幽獄の時計塔に変えた。これで燃えさかる大地も本来の使い方をすることが出来る。
黒蛇病は前回に引き続き。ただし、今回地獄の扉越し銃×2を投入しているため前回ほどあっけらかんと負ける気はしない。


というわけで再編集第1弾としてのバーンロック。前回のを見直すとひどいひどい(汗
これでちょっとはS-Dっぽくなってきたか。


戻る