×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION

 


S-D型次元斬


<趣旨>
過去に作ったデッキを反省を踏まえより「悪く」しようというのが今回の趣旨。別にネタ切れとかではない。多分。

前回「次元斬」なんて単語を入れたために、検索でちゃっかり引っかかっている。アレを見た人はがっかりしただろうなぁと思いつつ、それが狙いでもあったりし て。で、今回もバッチリこの単語を使用している。
というか、除外が往来しまくっている今、次元斬の検索自体微妙な気もするが・・・。

<デッキ構成>

次元斬

次元斬といえば次元系モンスターを主力に扱うことは見ればわかる。だが、S-Dの場合はその次元のニュアンスが全然違う。次元に絡めばそれでいいと当の本人は思っている。
前回使用した次元モンスターは

レクンガ
異次元の生還者
ディメンション・ポッド
光の追放者

であった。次元系モンスターはあれから結構増えたので新たなカードを補充しなければならない。更には、D−HERO ダイヤモンドガイの登場でカオス・エンド 、カオス・グリードの使い方も変わって来ている。天よりの宝札もより深い使い方が出来るだろう。
エクシーラーは通常デッキで十分大変だから今回はパス。
で、新規の除外系カードとして救済のレイヤードなんかがある。このカードとレクンガの綱渡しとして水属性天使族「コイツ」がいることもチェックしておきたい(使うかどうかはビミョー)。
また、異次元への案内人を洗脳解除で戻す手口もある。

上級

前回使用した異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン 。今期はD・D・Mや黄金のホムンクルス、ヘリオス・デュオ・メギストス、ヘリオス・トリス・メギストスなんかがある。
ヘリオスシリーズは通常召喚可能なモンスターだが、ここではやはり特殊召喚して行きたいところだ。


モンスター 魔法
上級
ヘリオス・トリス・メギストス
ヘリオス・デュオ・メギストス
黄金のホムンクルス
D・D・M

下級
異次元の生還者×2
閃光の追放者
D−HERO ダイヤモンドガイ×2
D−HERO ダイハードガイ
ディメンション・ポッド
ダーク・カタパルター
炎の女暗殺者×2
闇・道化師のペーテン×3
原始太陽ヘリオス

カオス・エンド
カオス・グリード×2
サイクロン
異次元の指名者
神剣−フェニックスブレード
天使の施し
魂の解放×2
原初の種
次元の歪み×2
次元融合
天よりの宝札×3
デビル・コメディアン×2
死霊の巣
バベル・タワー
徴兵令×2

<その他ポイント>

今回はD−HERO ダイヤモンドガイを中心に墓地を生かしたまま除外を貯めていくことを方針とした。

モンスターは除外を生かす、耐える、導くを中心にセレクト。炎の女暗殺者 なんかはアドを気にすることなく除外を貯めれるうれしいカードだ。ペーテンの応用しにくさと展開力は押しに弱いS-Dにはピッタリだろう。
魔法は通常魔法を中心のもと選んだ。神剣−フェニックスブレードなんかはHEROや生還者がいるという理由だけで選んだ隠れ除外カード。使えなければD・D・M のコストにしてしまえばいい。
天よりの宝札はすべてを司ると言ってもいい。D−HERO ダイヤモンドガイの効果で使うことも出来るし、足掻きにも使えるし・・・臨機応変にと言ったところか。
罠には上級生け贄確保のため徴兵令を突っ込んでいるほか、D−HERO ダイヤモンドガイで魔法を使うことを意識しバベル・タワーを突っ込んだ。


実に除外除外した感じだ。満足満足♪


戻る