×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION

 


アマゾネス/改

以前に作成した白兵戦型アマゾネスデッキをしっかりとした解釈で作り直そうというのが今回のコンセプト。鍵となったのは『白兵戦』という単語と、一連のアマゾネスモンスターの基となっている不屈の精神。
ちなみにあくまでS-D構築でのアマゾネスデッキなので、あしからず。

 

デッキ:『白兵戦型アマゾネス改』

モンスター 魔法
上級
コンボマスター
D-HERO ダブルガイ

下級
アマゾネスの聖戦士
アマゾネスの剣士×2
アマゾネスの格闘戦士×3
アマゾネスの鎖使い×3
紅蓮の女守護兵
荒野の女戦士×2
7つの武器を持つハンター
召喚僧サモンプリースト

 

ジェノサイド・ウォー×3
ミスト・ボディ×2
遺言状
死者の生還
閃光の双剣−トライス×2
地獄の暴走召喚
封印の黄金櫃
明鏡止水の心×2
貪欲な壺
 
アマゾネスの弩弓隊
救出劇
時の機械−タイム・マシーン−×2
白兵戦×2
爆導索
復活の墓穴
門前払い×2


 

テーマ構成

今回のメインはアマゾネスの格闘戦士、アマゾネスの剣士が持っているダメージレス効果。
この効果を利用しての突撃にジェノサイド・ウォーを加え、戦闘行為を介して戦闘ダメージを受けずに相手モンスターを殲滅させていくのがこのデッキの戦法。

アマゾネスの格闘戦士
このカードが戦闘を行う事によって受けるコントローラーの戦闘ダメージは0になる。

ジェノサイド・ウォー
メインフェイズ1でのみ発動する事ができる。このターン戦闘によってダメージ計算をした自分・相手モンスターは、エンドステップ時に全て破壊される。

もちろん、ミスト・ボディや明鏡止水の心を用い、閃光の双剣−トライスで戦闘回数を増やすなどの工夫も忘れない。

・時の機械−タイム・マシーン−

未来をつかむためのカード。戦闘で破壊された場合を想定して投入されている。戦闘を頻繁に起こすこのデッキにとっては必要不可欠なものかもしれない。
ジェノサイドで場が全滅しても、その前に戦闘で破壊され、このカードで復活していれば生き残ることが出来る。

・白兵戦

白兵戦型とはよく言ったもの。

・D-HERO ダブルガイ、コンボマスター

これらのカードも複数戦闘を目的に投入されたもの。当然ジェノサイド・ウォーで粉砕を目的。

◇アマゾネス

アマゾネスの鎖使い
アマゾネスの射手
アマゾネスの聖戦士
アマゾネスの格闘戦士
アマゾネスの剣士
アマゾネスの吹き矢兵
アマゾネスペット

◇その他

・地獄の暴走召喚

遺言状、召喚僧サモンプリースト等によってアマゾネスの格闘戦士を展開し、一気に場を戦後にするための切り札でもある。

・門前払い

戦後がら空きになったところに相手からの追い討ちを牽制するために投入されたもの。

あとがき

一連のアマゾネスに関する現段階での私の回答にすることができました。


戻る