×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION

 


こかす&突き刺す

攻撃力が守備力を上回っていた場合、その差分のダメージを与える。

いわゆる貫通だとか、トランプルだとか、そういった呼ばれ方をするこの効果を持つモンスターは古くは第2期から数多く登場している。
ここでは、それらのカードのみを厳選し、相手モンスターをこかす&突き刺すの単純戦術に特化させたデッキを作成する。

ちなみに、このデッキは映画”300”でスパルタ軍が相手を槍で突き刺しまくってるのを見てインスピレーションを得た。

貫通

貫通能力を持つモンスターの中で、デメリットを持つモンスターを優先的にチョイスし、デッキを構築する。

古代の機械巨人
ダークネス・デストロイヤー
地獄将軍・メフィスト

上級で選んだのはこれらのモンスター。特殊召喚できないデメリットや、攻撃力に不安があるなどの基準で選ばれている。もっとも、特殊召喚できなくとも、特殊召喚するためのカードなんて入ってないので関係ないのだけれど・・・。

■スピア・ドラゴン
イグザリオン・ユニバース
マッド・デーモン
■デュアル・ランサー

下級は、攻撃後守備表示になるタイプのカードや、デュアルモンスター、トランプル時に攻撃力が下がるイグザリオン・ユニバースをチョイス。昔は普通に使ってたんだけどなぁ・・・。

◇S-Dとして成り立つのか

さて、一見かなりまともなデッキに見えなくもないが、このデッキはS-Dデッキとして成り立つのだろうか。ポイントは”後先を考えない行動原理”にある。基礎攻撃力はそこそこ高いものの、あくまで召喚→こかす→突き刺すまでが一連の流れなので、ほとんどのモンスターが攻撃後を考慮しない使い捨てである。
もちろん、相手ターンに魔法、罠で表示形式を変更すれば再利用は十分効くが、そもそもできるアクションが限られている以上、何らかの壁にぶち当たる可能性は非常に高い。
また、1度攻撃する度にカードを消費する構成なので、トータルで見ると実は燃費が悪い。ダメージ還元率を考えても所詮は差分ダメージの積み重ねなので、実際にあまりライフを削ることができない、などの問題点がある。
このような点を考慮すると、実は立派にS-D構築に留まっていることがわかる。もちろん、その他のトリッキーすぎるS-Dデッキに比べると安定感は高いのだが。

デッキ構成

デッキ:『スパルタ』

モンスター 魔法
上級
古代の機械巨人
ストロング・ウィンド・ドラゴン
ダークネス・デストロイヤー
地獄将軍・メフィスト×2

下級
スピア・ドラゴン×2
イグザリオン・ユニバース×2
デュアル・ランサー×2
ランス・リンドブルム
マッド・デーモン×2
激昂のミノタウルス
幻獣ワイルドホーン
ツイン・ブレイカー
ランサー・ドラゴニュート
墓守の長槍兵
猛進する剣角獣
逆ギレパンダ×2
 

エネミーコントローラー×2
カード・フリッパー×3
皆既日蝕の書×3
進入禁止!No Entry!! ×2
アヌビスの呪い
セキュリティー・ボール×3
悪夢の迷宮×2
血の代償
重力解除

戻る