×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

混沌帝龍 -終焉の使者-/闇/ドラゴン/3000:2500/8
このカードは通常召喚できない。自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを1体ずつゲームから除外して特殊召喚する。1000ライフポイントを払う事で、お互いの手札とフィールド上に存在する全てのカードを墓地に送る。この効果で墓地に送ったカード1枚につき相手ライフに300ポイントダメージを与える。

カオス・エンペラー

かつて遊戯王を”糞面白くない単純ゲーム”にしてしまった混沌帝龍 -終焉の使者-。右を見ても左を見ても、使うのは皆混沌だらけでした。S-D理論に火をつけたカードの1枚でもあります。
当時はこのカードにクリッター&黒き森のウィッチ+
八汰烏のロックが控えていたんだから・・・たまりません。

禁止になったのは
カオス・ソルジャー−開闢の使者−よりも早く、それ以来構築には登場していません。
現在はあのときの教訓を生かしてか、天魔神 ノーレラスや終焉の王デミスなど、このカードに調整を加えたカードが登場し混沌デッキはバランスの取れた形に収まっています。

効果

このカードは通常召喚できない。自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを1体ずつゲームから除外して特殊召喚する。

カオス・ソーサラー参照のこと。

1000ライフポイントを払う事で、お互いの手札とフィールド上に存在する全てのカードを墓地に送る。この効果で墓地に送ったカード1枚につき相手ライフに300ポイントダメージを与える。

このカードの魅力はなんと言っても2段階の攻撃。
攻撃力3000でぶん殴った後に効果を発動することでほとんどのライフを削ることが可能です。

デッキの組み方は単純に 光と闇をメインに扱う混沌デッキにならざるを得ないのですが、このカードは”すべてを失った次のターンでどのように優位に立てるか”という課題が設けられています。

・モンスターを退避させる

終焉と連動させてモンスターを退避させ、破壊を免れる方法。亜空間物質転送装置などが一般的。
速攻の黒い忍者なども有効。

・墓地を生かす

墓地から呼び出すリアニメイト手段は最も扱いやすいアドバンテージのとり方。黄泉ガエルなどが墓地にいるだけで既に有利に。
終焉召喚時に異次元の偵察機を除外していればそれもまたアド+1。

デッキ構成

今回はリクルーターを中心に、速攻の黒い忍者、魔導雑貨商人を備えたカオスデッキ。

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
混沌帝龍−終焉の使者−×3
冥府の使者ゴーズ
サイバー・ドラゴン×2
サイクロン
スケープ・ゴート
強奪
苦渋の選択
月の書
光の護封剣
死者転生
手札抹殺
早すぎた埋葬
大嵐
封印の黄金櫃
貪欲な壺
リビングデッドの呼び声
亜空間物質転送装置×2
激流葬
聖なるバリア−ミラーフォース−
下級
速攻の黒い忍者×2
異次元の女戦士
スナイプストーカー
キラー・トマト×3
シャインエンジェル×3
クリッター
異次元の偵察機×2
魔導雑貨商人×3
黄泉ガエル