×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PP9-JP007

マシンナーズ・フォース/地/機械/4600:4100/10
このカードは通常召喚する事ができない。このカードは「督戦官コヴィントン」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。このカードは1000ライフポイントを払わなければ攻撃できない。フィールド上に存在するこのカードを墓地へ送ることで、自分の墓地から「マシンナーズ・ソルジャー」「マシンナーズ・スナイパー」「マシンナーズ・ディフェンサー」をそれぞれ1体特殊召喚する。

コマン道!

PP9のメインモンスターであるマシンナーズ。ミリタリー関係には全く知識がないぜ!
よーくイラストを見るときちんと合体しているようで色の統率が取れていない。特にスナイパーのパーツが浮いて見えてしかたないな。

 

効果

このカードは通常召喚する事ができない。
このカードは「督戦官コヴィントン」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。

このカードは3匹の機械と1匹の下僕、「マシンナーズ・ソルジャー」「マシンナーズ・スナイパー」「マシンナーズ・ディフェンサー」「督戦官コヴィントン」を利用しなければ召喚することができ ない。
同じように合体する
磁石の戦士マグネット・ヴァルキリオンは素材が手札にあっても特殊召喚できるが、こちらは4体が場に存在していなければならないため、難易度は高い。

督戦官コヴィントン/地/機械/1000:600/4
自分フィールド上の「マシンナーズ・ソルジャー」「マシンナーズ・スナイパー」「マシンナーズ・ディフェンダー」をそれぞれ1体ずつ墓地へ送る事で、手札またはデッキから「マシンナーズ・フォース」1体を特殊召喚する。

マシンナーズ・フォースはデッキから特殊召喚できるのが唯一の救いだ。

このカードは1000ライフポイントを払わなければ攻撃できない。

これだけ苦労して召喚しても、ライフを消費しないと攻撃すらさせてもらえないとは・・・なんというポンコツ度。かの有名なピンクの”にゃう〜ん”よりポンコツといっても 差し支えないだろう!
何、わからん?つまりゴトゥーザ様さ。 恐らく全プレイヤー及びサイトの中でにゃう〜んと比べたのは私ぐらいだ(初期考察示談)。
冗談はさておき、確かに1度でも攻撃が通ればかなり有利になることは間違いない。リミッター解除を使えば1キルになるのも確かだし。

フィールド上に存在するこのカードを墓地へ送ることで、自分の墓地から「マシンナーズ・ソルジャー」「マシンナーズ・スナイパー」「マシンナーズ・ディフェンサー」をそれぞれ1体特殊召喚する。

このカードは分解して再びマシンナーズになることができる。ただし自分は墓地に送られてしまうため、再び合体するには手札またはデッキに別のフォースが必要になる。
攻撃力の差異だが、4600=1800+1600+1200ということで、モンスターの数が増えるだけで攻撃力の総数は変わらない。団結の力などでは影響力が代わるが、それを狙うならわざわざ合体する必要もないわけで・・・。
基本的にはマシンナーズ・フォースのまま、カウンター罠やユニオンによって巨体を維持していくスタイルを心がけよう。

合体せよ!

そんな難しさを誇るので、素材の効果を的確に利用することが勝敗(召喚)の分かれ目。

マシンナーズ・ソルジャー

場にモンスターを並べなければならないこのシリーズにとって貴重な展開源となる。

マシンナーズ・スナイパー/地/機械/1800:800/4
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、「マシンナーズ・スナイパー」を除く「マシンナーズ」と名のついたモンスターを攻撃することができない。

このカードにより戦闘からマシンナーズを守ることができる。スナイパー自体の攻撃力は1800であり、ある程度の耐久性はある。

マシンナーズ・ディフェンダー/地/機械/1200:1800/4
リバース:自分のデッキから「督戦官コヴィントン」1体を自分の手札に加える。

守備力が1800なので、戦闘での破壊はある程度耐えられ・・・る?

初期マシンナーズシリーズでは専用サーチカードは存在しない。その上、どのカードもステータスは高く集める際の足手まといになっていた。 しかし、新マシンナーズとして登場したマシンナーズ・ギアフレームによってこの問題は解決している。
万能サーチカードとして挙げられるのが召喚僧サモンプリーストである。数ターン維持するだけでフォースの召喚がかなり楽になることは間違いない。
また、モンスターが被ってしまったときのために地霊術「鉄」を投入しておくとかなり役に立つ。スクラップ・リサイクラーであらかじめ素材を墓地に送っておけば場の要らないカードと交換できる。モンスターを多用するので
マシン・デベロッパーの蘇生効果も積極的に利用できそうだ。

デッキ構成

関連デッキサンプル  :ウェポン・クロニクル
後期型デッキサンプル:
マシンナーズ・ギアフレーム

旧デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
マシンナーズ・フォース×2
ガイアパワー×2
テラ・フォーミング
サイクロン
リミッター解除
遺言状
強奪
光の護封剣
手札抹殺
早すぎた埋葬
打ち出の小槌×2
大嵐
天使の施し
抹殺の使徒
貪欲な壺
リビングデッドの呼び声
激流葬
血の代償×2
地霊術「鉄」×2
聖なるバリア−ミラーフォース−
下級
マシンナーズ・スナイパー×3
マシンナーズ・ソルジャー×3
魔導戦士 ブレイカー
マシンナーズ・ディフェンダー×2
サイバー・フェニックス×2
督戦官コヴィントン×2
クリッター
召喚僧サモンプリースト×2