×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダーク・アームド・ドラゴン 闇/ドラゴン/7

このカードは通常召喚できない。自分の墓地に存在する闇属性モンスターが3体の場合のみ、このカードを特殊召喚する事ができる。自分の墓地に存在する闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上のカード1枚を破壊する事ができる。

ATK/2800:DEF/1000

闇・鎧竜

アームド・ドラゴン LV7のダークサイド。
のっぺりしたイメージから、より凶悪な雰囲気を前面に押し出す感じに変化している。

 

効果

このカードは通常召喚できない。自分の墓地に存在する闇属性モンスターが3体の場合のみ、このカードを特殊召喚する事ができる。

何体以上・・・ではなく、必ず3体でなければならない。墓地を調整する方法は闇王プロメティスや今回多く登場している墓地のモンスターを除外するカード、ダーク・バーストなどの墓地からカードを回収する方法などがある。
初手でこのカードが手札にあっても、
おろかな埋葬や終末の騎士などを活用すれば比較的簡単に序盤から使用していくことができる。
D-HERO ディアボリックガイは自身で調整できるので使い勝手がよさそうだ。

自分の墓地に存在する闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上のカード1枚を破壊する事ができる。

アームドといえば手札1枚を捨てることで相手モンスターを破壊する効果であったが、ダークサイドでは破壊対象がフィールド全体と大きくパワーアップされている。 また、コストは墓地に存在する闇属性モンスターであるおかげでアドバンテージを失うことなく効果を発揮することができる。
1ターンに何回でも発動することができるので、ガンガン使って、墓地を漁りきったら異次元からの埋葬や終焉の精霊を活用して再び墓地を肥やし、何度も再利用していこう。 異次元の偵察機を除外すれば単独で再利用できるのでオススメ。
この効果は自身の召喚への調整にもなるので、巨竜の羽ばたきと併用して相手に壊滅的ダメージを与えるための流れを作ることも可能である。

ちなみにこのカード、表アームドとの関連性は一切持たないが、鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴンに紹介されているサイバーダーク+アームドデッキでは投入の余地があるので、作りたい人は試してみるといいだろう。

デッキ構成

今回のサンプルでは墓地調整に重点を置いてみた。

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
ダーク・アームド・ドラゴン×3
サイクロン
スケープ・ゴート
ダーク・バースト
大寒波×2
異次元からの埋葬
巨竜の羽ばたき
光の護封剣
早すぎた埋葬
大嵐
抹殺の使徒
貪欲な壺
リビングデッドの呼び声
闇霊術−「欲」
異次元からの帰還
激流葬
死のデッキ破壊ウイルス
聖なるバリア−ミラーフォース−
転生の予言
魔のデッキ破壊ウイルス
下級
ヘル・ドラゴン
魔導戦士 ブレイカー
スナイプストーカー
終末の騎士×3
キラー・トマト×2
闇王プロメティス×2
クリッター
異次元の偵察機×2
ファントム・オブ・カオス×2
D.D.クロウ
終焉の精霊