×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PTDN-JP046

超融合(速攻)

手札を1枚捨てる。自分または相手フィールド上から融合モンスターカードによって決められたモンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない。(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)

相手モンスターでも素材にできるすっげー融合。
そもそも相手を巻き込む融合は
キメラテック・フォートレス・ドラゴンがことの発端となっている。が、あれと比べるとこちらは幾分良心的だ。

 

効果

手札を1枚捨てる。

”融合は手札コストを食うのは当たり前。その素材を相手から頂戴するんだから、手札コストぐらい当然だろう。”なんて意見があったに違いない。
このコストは非常にバランスが取れたものではないかと思う。

自分または相手フィールド上から融合モンスターカードによって決められたモンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。
このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない。

通常の融合とは異なり、フィールド限定の融合になっている。 3番目の効果は融合の強制力を表したもの。フォートレスの単独融合を魔法カードで表すとこんな感じになるのか。
相手モンスターを融合するのにちょっと待ったで素材を弄られると面白さが半減してしまうと思うので、これぐらいの勢いを持たせてもバチは当たらないだろう。

で、問題は融合するモンスターであるが、相手が何のデッキを使用するかわからない以上、特定の融合を目指すのは難しい。F・G・Dやキメラテック・オーバー・ドラゴン、ユーフォロイド・ファイターなど、特定の融合素材ではなく大まかに種族でくくられているものが適任である。種族でくくられているのであればDNA改造手術でいくらでも対応できる・・・って、ここまでくるとキメラテック・フォートレス・ドラゴンとなんらかわらないノリだなぁ。
自分であらかじめすべての融合素材を準備し、強制転移で相手に送りつけてから融合する方法もある(死のマジック・ボックスだと逆に損しているので注意)が、何とも手間のかかる融合である。

とまぁ、F・G・D系以外の実用という面ではかなり疑問の残る融合ではあるが、その爽快感はすばらしいものであることは間違いない。

HEROデッキを2つ準備して取り合い合戦をするのも面白い楽しみ方なので、お暇な人は是非試してもらいたい。