×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ORCS-JP039 ツイン・フォトン・リザード 光/ドラゴン/6/融合

「フォトン」と名のついたモンスター×2
このカードをリリースして発動できる。リリースしたこのカードの融合召喚に使用した融合素材モンスター一組を自分の墓地から特殊召喚する。

ATK/2400:DEF/1000

リザード

シンクロを飛び越えてさらに一昔前の融合を登場させたフォトンシリーズ。ネタとしては有翼幻獣キマイラ辺のレベルだが・・・。
とりあえず、ガガガガールの代わりにこれが当たった時のガッカリ感は半端ない。

 

効果

「フォトン」と名のついたモンスター×2
このカードをリリースして発動できる。リリースしたこのカードの融合召喚に使用した融合素材モンスター一組を自分の墓地から特殊召喚する。

■フォトン・レオ
■フォトン・スラッシャー
■フォトン・クラッシャー
■フォトン・ケルベロス
■フォトン・リザード
■フォトン・サークラー

対応カードはこの6枚。スラッシャーとクラッシャーは増援で手札に加えることができる他、フォトン・ベールを使うことでデッキから一括受注が可能である。フォトン・リザードはサーチ能力はあるが、自身をコストに使用するのが困りどころだ。

で、単刀直入に言ってしまうが、このカードは融合モンスターとしては質が悪い。戦闘能力的に秀でたところもないし、融合素材も豊富な割にアタッカーの2体ぐらいしか満足に使えるカードがない。いくらフォトンが手札に揃っていたとしても、正規融合で使おうなんてプレイヤーはまず居ないだろう。そんなこのカードの意義はあくまでフォトンの運用面に関してである。

まず、未来融合−フューチャー・フュージョンによる融合召喚をおこない、2体のフォトンを墓地へ。そして効果を使用して墓地から2体の攻撃力2000以上モンスターを展開することで銀河眼の光子竜を手札から特殊召喚できるという流れ。まぁ未来融合が制限な上に流れが冗長すぎて全く使いものにならない戦術ではあるのだが・・・。

そしてもう一つが龍の鏡を使った融合召喚。この場合素材の一組は墓地から除外されてしまうのでツイン・フォトン・リザードの展開能力は使えなくなってしまうが、展開力がアーキタイプ唯一のメリットであるフォトンシリーズにとって貴重なダメージソースになる 。

デッキ構成

デッキサンプル:

モンスター 魔法
上級
銀河眼の光子竜×2
ガーディアン・オブ・オーダー×2
フォトン・レオ×2
サイクロン
フォトン・ベール×2
フォトン・リード×2
ブラック・ホール
強欲で謙虚な壺
死者蘇生
次元誘爆
増援
大嵐
未来融合−フューチャー・フュージョン
龍の鏡×2
連合軍×2
王宮のお触れ×2
下級
フォトン・スラッシャー×3
フォトン・クラッシャー×3
デイブレーカー×3
ヴァイロン・プリズム×2
オネスト
召喚僧サモンプリースト×2
フォトン・リザード×2