×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PP13-JP007

V・HERO アドレイション/闇/戦士/2800:2100/8

「HERO」と名のついたモンスター×2
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体と、このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する「HERO」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。選択した相手モンスターの攻撃力・守備力はエンドフェイズ時まで、選択した自分のモンスターの攻撃力分ダウンする。

契約

V・HERO トリニティーに続くヴィジョンヒーロー。天下一武道会に出場してそう。

 

効果

「HERO」と名のついたモンスター×2

今回もHEROであれば何でもオッケー。しかも2体融合なので、非常に召喚しやすい。特にE・HEROに関してはほぼ全ての融合モンスターの代わりに召喚できるということになる。ただしエクストラデッキのスペースが限られているので、のびのび使うにはD-HEROのほうがよさそうだ。

1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体と、このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する「HERO」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択した相手モンスターの攻撃力・守備力はエンドフェイズ時まで、選択した自分のモンスターの攻撃力分ダウンする。

自分のモンスターが持っている攻撃力を相手モンスターの攻撃力から引く。例えば、相手モンスターの攻撃力が自分の対象モンスターが持つ攻撃力よりも小さい場合、対象モンスターで攻撃すれば攻撃力がそのままダメージに換算される。逆の場合、相手モンスターとの差分を自分の攻撃力から引いた分がダメージになる。守備力からも攻撃力分の数値が引かれるということで、壁モンスターにも対応できる。

オネストのように低レベルモンスターに適用しても同じように効力を得られるというわけではなく、自分の対象モンスターの攻撃力が高いほうが効果が大きい。ということで、単体でも高い攻撃力を持ち、かつ召喚しやすいモンスターとの運用が求められる。
E-HERO マリシャス・エッジやE・HERO ネオス
M・HERO ヴェイパーD-HERO ダッシュガイ辺りは手軽でオススメのHEROだ。

デッキ構成

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
D-HERO ドグマガイ×2
E-HERO マリシャス・エッジ×2
D-HERO Bloo-D×2
E−エマージェンシーコール×2
エネミーコントローラー×3
サイクロン
スケープ・ゴート
デステニー・ドロー
ハリケーン
ミラクル・フュージョン
異次元からの埋葬
死者蘇生
終焉の焔×2
未来融合−フューチャー・フュージョン
融合×3
激流葬
聖なるバリア−ミラーフォース−
下級
E・HERO エアーマン
E・HERO プリズマー×2
E・HERO オーシャン×3
D-HERO ダイヤモンドガイ
墓守の偵察者×3
E・HERO フォレストマン
沼地の魔神王×3