×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


VJMP-JP072 炎星候−ホウシン 炎/獣戦士/6/シンクロ
炎属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、デッキから炎属性・レベル3モンスター1体を特殊召喚できる。また、このカードがシンクロ召喚に成功したターン、自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。
ATK/2200:DEF/2200

エンセイコウ

Vジャンプに収録されたひっっさびさのシンクロモンスター。炎星候シリーズはゴールドレア規格なんだけど、採用基準は何なのだろう・・・?
三国志系のカードゲーム並みにモンスターが書き込まれているだと!?

 

効果

炎属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

ラヴァルバルシリーズやフレムベルシリーズの規格を採用してやると簡単にチューナーを準備できる。DTの再録シリーズが展開しているので、そこら辺も合わせてきているのかな?
このカード登場と同時期に週刊少年ジャンプに収録された
炎星師−チョウテンは専用カードとしてデザインされている。そして私は何をどう間違ったか、見事に買いそびれた(最近の更新速度から察してください)。

炎星師−チョウテン/炎/獣戦士/500:200/3/チューナー
このカードをシンクロ素材とする場合、獣戦士族モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地から守備力200以下の炎属性・レベル3モンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。この効果で特殊召喚した場合、このターン自分は獣戦士族以外のモンスターで攻撃できない。
「炎星師−チョウテン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

この場合組み合わせは3+3。守備力200以下の炎属性・レベル3モンスターはラヴァル炎湖畔の淑女(ラヴァル炎火山の侍女で墓地に送れる)やフレムベル・アーチャーなどが便利だが、これらはチューナーなのでシンクロ召喚には利用できないorz
ZW−不死鳥弩弓、ポケ・ドラ、逆巻く炎の精霊、ネオフレムベル・シャーマン、リグラス・リーパーなどがシンクロ対応モンスターだが、一貫性がないというか正直微妙な・・・サーチ系ギミックに関しては問題なく機能するからいいといえばいいんだが。

このカードがシンクロ召喚に成功した時、デッキから炎属性・レベル3モンスター1体を特殊召喚できる。
また、このカードがシンクロ召喚に成功したターン、自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。

ホウシン特有の能力はさらにモンスターを呼び込む能力。対象はシンクロ素材で利用したものと似ているが、こちらは守備力が設定されておらず、エヴォルド・カシネリアやローンファイア・ブロッサム、ファイヤー・トルーパーなども特殊召喚可能である。
2つ目の能力は呼び出したモンスターとの2段階シンクロやローンファイアからの重展開を規制するためのものなのでちょっと厄介。エクシーズ規制はされていないので、炎星皇−チョウライオ展開に利用しよう。

デッキ構成

関連考察:炎星皇−チョウライオ

デッキサンプル:

モンスター 魔法
上級 サイクロン×2
炎熱伝導場
強制転移×2
死者蘇生
手札抹殺
真炎の爆発×3
大嵐
地砕き×2
 
リビングデッドの呼び声×2
聖なるバリア−ミラーフォース−×2
下級
フレムベル・ヘルドッグ×2
ネオフレムベル・シャーマン×3
リグラス・リーパー×2
召喚僧サモンプリースト×2
ラヴァル・ガンナー×3
ネオフレムベル・ヘッジホッグ×2
ラヴァルの炎車回し
ラヴァル炎火山の侍女×3
ラヴァル炎湖畔の淑女×2
ソーシャル
公式データベース
amazon