×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION

 


0の行進

インフェルニティレプティレスなど、攻撃力が0であるにもかかわらず強力な能力を持つモンスターが増えている。
このデッキでは、それらのカードのみを採用し、”絶対的な支配力を持っているにもかかわらず、デッキ全体が攻撃力を持たないために勝つことができない”デッキを考案する。
攻撃力そのものがデメリットの塊となり、S-Dとしてのテーマがかなりはっきりとしているのが大きな特徴である。

 

攻撃力0

今回のデッキは、インフェルニティの展開力とレプティレスの攻撃力0のモンスターを量産するという2つの特徴を合わせたものである。そこに、その他攻撃力0モンスターを加えることで 全体をまとめた。

◇インフェルニティ

インフェルニティ関連のカードは数多くリリースされているが、今回採用できるカードは攻撃力0であるインフェルニティ・ネクロマンサーインフェルニティ・ミラージュインフェルニティ・リベンジャーの3枚のみとなった。
そのため、ZERO−MAXのような専用破壊カードと併用することができず、あくまで展開力を行使するという流れに留まっている。

◇レプティレス

今回カギとなるのはレプティレス・ナージャ。場持ちが良く、ギミックの中心になる上にデメリットも持ち合わせているS-Dらしいカードである。こちらも関連カードは多く登場しているが、専用デッキのみで活用できるものが多かったため、本デッキではトークンを生み出すレプティレス・スポーンのみ採用されている。

◇かつて神と呼ばれた亀

攻撃力1800以上のモンスターが特殊召喚できなくなる素敵カード。いわゆる支配力である。もちろん、攻撃力0のモンスターばかりを採用した自分には関係がない。

◇血涙のオーガ、バトルフェーダー

相手の攻撃に割り込んで戦闘をジャマする攻撃力0モンスター。S-Dでは薄幸の美少女と同じようなジャンルとして扱っている。

獣神機王バルバロスUr神機王ウル

今回なぜか採用されている攻撃力が0でないモンスター。というのも、このカードは相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になるという特徴があるため、表題にある”デッキ全体が攻撃力を持たない”と矛盾しないからだ。
ちなみにバルバロスUrの特殊召喚はほとんど考慮していないため、多くはインフェルニティの展開力を利用することになる。

◇パワー・フレーム

相手の攻撃分の数値だけ攻撃力が上がるカード。あれ、それってダメじゃない?と思うかもしれないが、攻撃力0からパンプアップしても相手モンスターと同じ数値にしかならないため、結局相殺でダメージが与えられない・・・という仕組み。

折れ竹光

ここまで来ると皮肉にもならんわ!!

デッキ構成

デッキ:『00000』

モンスター 魔法
上級
獣神機王バルバロスUr×2
死霊操りしパペットマスター

下級
神機王ウル
インフェルニティ・ネクロマンサー×2
かつて神と呼ばれた亀×2
血涙のオーガ×2
レプティレス・バイパー×2
インフェルニティ・ミラージュ
インフェルニティ・リベンジャー×2
グレイブ・スクワーマー×2
ジェスター・コンフィ
バトルフェーダー×2
レプティレス・ナージャ×3
 

インフェルニティガン×2
ダーク・バースト
レプティレス・スポーン
悪夢再び
黄金色の竹光
災いの装備品
折れ竹光
痛み分け×2
無の煉獄

 
インフェルニティ・インフェルノ
インフェルニティ・ブレイク
パワー・フレーム×2
モンスターBOX×2


 

戻る