×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION

 


CRMSブロック構築でS-Dを作成する

各パックの特色を生かしてパック内のカード限定でS-Dデッキを作成してみよう、というシリーズの第3弾。 シリーズとして続けやすいのは方向性が簡単に見出せる、という理由に他ならない。テヌキジャナイヨー。

 

CRMSの特性

このパックの特性は なんと言ってもバスターモンスターだろう。その他、ボマー系のカードやエーリアン、BFといったラインナップが広がっている。また、1〜2枚のみ拡張されたシリーズが多く存在している良パックである。これはウチの考察などにもダイレクトに反映しており、CRMSパックの考察数はかなり多い。

バスターモンスターでは”パック限定構築”という規定があるため、使うことができるのはハイパーサイコガンナー/バスターアーカナイト・マジシャン/バスターの2枚ということになる。アーカナイト・マジシャンは構築レベルのカードなので(といってもパック限定構築での難易度は高く、問題ない気もしないでもないが・・・)どちらかと言えばハイパーサイコガンナーということになるのだろうか。
ただ、今回の環境ではサイキックモンスターがライフ・コーディネイターしか存在しない、という緊急事態なので・・・アーカナイトしかないよなぁ。

ボマー系は基本的にロマンでできているので問題はない。ダーク・ダイブ・ボンバーは自爆できるなら使いようもあったが・・・。

BFはまだまだおとなしい時期ではあるものの、デメリット要素といわれると大してない、というのが目下悩みの種。

ピンで挿すとすれば、チューナーにトラップ・イーター、ダーク・リペアラー、ドローにトマボー、ことわざ要素として?トリプル・ヴァイパー&カエルといった感じかな。

魔法カード

基本的にバスター関連のカードは使いどころが微妙なものが多く、S-Dでメインを張りやすい。長ったらしい要素としてプリベント・スターもオススメ。アーカナイトをゴリ押しするなら魔法族の結界を忘れずに。

罠カード

”お前どうしたいねん?”というカードにトロイの剣闘獣がある。むしろこのためだけに剣闘獣サムニテを積むのもありかもしれない。
ナイトメア・デーモンズ、ハーフorストップなどはS-Dっぽい感じだ。

デッキ構成

結局トラップ・イーター+黒翼の魔術師の組み合わせしか余地がないのな。

デッキ:『CRMS-D』

モンスター 魔法
上級
ジャイアント・ボマー・エアレイド
サモン・リアクター・AI
アーカナイト・マジシャン/バスター×2

下級
トラップ・イーター×2
バスター・ビースト×2
トリプル・ヴァイパー
バスター・マーセナリ
剣闘獣サムニテ×2
トマボー×2
黒翼の魔術師×2
マジック・リアクター・AID
ダーク・リペアラー
トラップ・リアクター・RR
魔知ガエル×2
 

Re−BUSTER
スター・ブラスト×2
バスター・テレポート
バスター・バースト
プリベント・スター
魔法族の結界×2
 
トロイの剣闘獣
ナイトメア・デーモンズ×2
ハーフorストップ×2
バスター・スラッシュ×2
バスター・モード×2
ロスト・スター・ディセント
白銀のバリア−シルバーフォース−
 


戻る