×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

WJMP-JP008

究極封印神エクゾディオス/闇/魔法使い/?:0/10

このカードは通常召喚できない。自分の墓地に存在するモンスターを全てデッキに戻した場合のみ特殊召喚する事ができる。このカードの攻撃宣言時、手札またはデッキからモンスター1体を墓地へ送る。このカードの攻撃力は、自分の墓地の通常モンスター1体につき1000ポイントアップする。このカードはフィールド上から離れた場合、ゲームから除外される。このカードの効果によって「封印されし」と名のついたカードが自分の墓地に合計5種類揃った時、デュエルに勝利する。

4枚目の”エクゾ”

通算4枚目となるエクゾシリーズは、墓地をごっそり動かす超弩級カードとして作成された。
イラストは全体像を写したためか、エクゾディアシリーズの威圧感を感じられないのが残念だ。

 

効果

このカードは通常召喚できない。自分の墓地に存在するモンスターを全てデッキに戻した場合のみ特殊召喚する事ができる。

このモンスターの召喚方法は実に簡単で、墓地のモンスターをデッキに戻すだけ。 これは召喚のリスクというよりも、1キルのような大きなコンボを形成する場合にも非常に役に立つ効果である。墓地に存在するよりもデッキにあるほうが望ましいメタル化シリーズや剣闘獣シリーズ、ガジェットを使いまわしたいときにも活用できる。 探せばもっと多くのカードと組み合わせることができるはずだ。

このカードの攻撃宣言時、手札またはデッキからモンスター1体を墓地へ送る。このカードの攻撃力は、自分の墓地の通常モンスター1体につき1000ポイントアップする。

生存していれば毎ターンおろかな埋葬を撃てる。これは凄いことである。しかも、自分の墓地をリセットすることが前提のため、例え終盤になってもこの効果自体の発動が出来なくなる心配はない。
墓地で効果を発揮するモンスターとの相性はバツグンだが、複数回究極封印神エクゾディオスを召喚する場合にはリセットとの兼ね合いに注意したい。
墓地に送るモンスターは黄泉ガエルはもちろん、
D-HERO ダッシュガイ、D-HERO ディアボリックガイなども相性がよい。D-HERO ダッシュガイはリセットとの兼ね合いも上手くいっているのでオススメ。暗黒のマンティコアによる∞ドローは、エクゾデッキならば当然狙うべきものだろう。

種族路線で
ゾンビ・マスターや魔族召喚師と絡めるのも面白いかもしれない。

後ろの効果はエクゾディアの四肢を墓地に送ることを前提にした効果だが、この効果単独でも十分な威力を発揮するものだ。スネーク・レインや
高等儀式術でごっそり通常モンスターを墓地に送るコンボは強力だし、もちろんデュアルとの相性も良い。
究極封印神エクゾディオス+通常モンスターをメインに扱ったリアニメイトデッキを組んだならば、前の効果でD-HERO ディスクガイを墓地に送っておき、
戦線復活の代償を発動なんて流れもデッキ内で組むことができる。

このカードはフィールド上から離れた場合、ゲームから除外される。

混沌の黒魔術師と同じ強者に与えられるデメリット。墓地エクゾディアの欠点がD.D.クロウのような除外カードなら、ネクロフェイスのようなメタカードをデッキに1枚挿すことも視野に入ってくる。 その過程で、この除外行為もまた再利用のためのメリットとなってくるかもしれない。

このカードの効果によって「封印されし」と名のついたカードが自分の墓地に合計5種類揃った時、デュエルに勝利する。

エクゾデュオス最大のポイントであるエクゾディアの墓地揃え。この効果には何点か注意点がある。
まず、墓地に送るパーツはすべて1体のエクゾデュオスによってまかなわなければならない。これによってその他の墓地送りカードを活用した1キルは規制されている。
また、5枚のパーツが墓地に揃った瞬間にエクゾデュオスが表側表示で場に存在していなければ勝利することはできない。揃った瞬間に月の書を当てられると、もう泣きたくなってしまう。
(ただ、このデメリットこそが普通に考えると相容れない
エクゾディア・ネクロスとの共存を試みる際の重要なポイントになるのではないかと踏んでいるのだが)
5枚揃える過程でエクゾデュオスが月の書で裏守備表示になっても、墓地に送ったカウントがリセットされることは無いので、その点は安心してほしい。

普通に考えると、攻撃を5回行う必要があり(しかも初期の攻撃力は0)、現在の環境を考えると非常に現実味の無い流れである。
5ターンの間、戦闘及び魔法、罠の危機から身を守るのは相当の労力が必要だ。守備力が0であり、地砕きの耐性が高いのはせめてもの救いだが、なかなかスムーズに事は運んでくれまい。
そのまま使用したのならば、手札にエクゾを揃えるためのブラフとして考えるほうが正しい選択肢だろう。

この効果を最大限に発揮するには少ないターンで攻撃回数を上げること。また、初期の段階での攻撃対象が安全なものであることの2点に注目する必要がある。 その2つを満たすのが拡散する波動+おジャマトリオを活用したコンボである。
相手の場におジャマトークンを5体展開した状態で、エクゾデュオスに拡散する波動を活用すれば、わずか1ターンで5回攻撃することができ、墓地に一瞬にして5つのエクゾディアパーツが揃ってしまうのである。
相手の場にモンスターが2体いるならば、おジャマトリオ1枚で事足りるので、必要なのは最低3枚という非常に実用的なコンボである。

デッキ構成

とにかく、チャレンジできることがいろいろあるのでかなり楽しめる1枚。

デッキサンプル:

モンスター 魔法
上級
暗黒のマンティコア×2
ハリケーン
闇の量産工場
拡散する波動×2
光の護封剣
成金ゴブリン×3
生還の宝札×2
打ち出の小槌×3
大嵐
封印の黄金櫃
おジャマトリオ×3
リビングデッドの呼び声
激流葬
死のデッキ破壊ウイルス
聖なるバリア−ミラーフォース−
下級
冥界の使者×3
ネクロフェイス
封印されしエクゾディア
クリッター
マシュマロン
魂を削る死霊
封印されし者の右足
封印されし者の右腕
封印されし者の左足
封印されし者の左腕
暗黒のミミック LV1
究極封印神エクゾディオス×3