×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

霞の谷の雷神鬼/風/雷/2600:2400/7

チューナー+チューナー以外の「ミスト・バレー」と名のついたモンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に存在するカード1枚を手札に戻し、このカードの攻撃力をエンドフェイズ時まで500ポイントアップする事ができる。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

フンババ!!

なんだかんだで”霞の谷”と名のつくシンクロモンスターは初なのか。ミスト・ウォームはシンクロデッキに1枚挿しておいていい良カードだったが・・・。
ちなみに、手に持っているのは引き裂かれた
A・O・J カタストルである。

 

効果

チューナー+チューナー以外の「ミスト・バレー」と名のついたモンスター1体以上

チューナー以外のモンスターが指定されているので、そちらを中心に考えていくことにしよう。
レベル5の
霞の谷の執行者に対してはレベル2チューナーの霞の谷の風使いや霞の谷の幼怪鳥を組み合わせることができ、また一般的なチューナーのゾンビキャリアなども引っ張り出せるので比較的組み合わせやすい。
レベル4の霞の谷のファルコン、霞の谷の見張り番に対しては
霞の谷の祈祷師が有効。鳥獣族をデッキに採用しているならBF−疾風のゲイルもありえるかもしれない。
ある意味霞の谷の中心的役割を果たすレベル3霞の谷の雷鳥に対しては、言わずと知れた霞の谷の戦士という強力チューナーが存在している。

1ターンに1度、自分フィールド上に存在するカード1枚を手札に戻し、このカードの攻撃力をエンドフェイズ時まで500ポイントアップする事ができる。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

霞の谷シリーズなのだから、バウンス能力なのはわかる。わかるのだが、それがどうして氷結界の虎王ドゥローレンの劣化効果になったのだろうか・・・?
相手ターンに仕様できることが最大のアイデンティティとなりそうだが、場に仰け反っているモンスターの効果でどこまで期待できるだろうか。とりあえず場のカードを手札に戻して危険を回避する一つの手段にはなりそうだが。
戻すカードはアロマチェインデッキなら魔封じの芳香、霞の谷デッキなら霞の谷の雷鳥やミスト・コンドルなど、いくらかの候補を挙げることができる。

デッキ構成

霞の谷+BFで展開力をつけ、より効果を使いやすく。

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
霞の谷の巨神鳥
霞の谷の執行者×2
サイクロン
暗黒界の雷
月の書×2
光の護封剣
死者蘇生
手札断殺
大嵐
団結の力
魔霧雨
貪欲な壺
ゴッドバードアタック×2
ブラック・アロー×2
激流葬
聖なるバリア−ミラーフォース−
奈落の落とし穴
雷の裁き×2
下級
霞の谷のファルコン×2
BF−黒槍のブラスト×3
霞の谷の戦士×2
ミスト・コンドル×2
BF−疾風のゲイル×3
霞の谷の雷鳥×3
召喚僧サモンプリースト
霞の谷の幼怪鳥