×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

氷結界の虎王ドゥローレン/水/獣/2000:1400/6

チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在するカードを任意の枚数手札に戻す事ができる。このカードの攻撃力はこのターンのエンドフェイズ時まで、この効果で手札に戻したカードの枚数×500ポイントアップする。

ドゥローレン

反撃のジャスティス!!で登場した氷結界のシンクロモンスター。
多くのロックカードを排出してきた氷結界シリーズはフィニッシュ要素が存在していなかったが、
氷結界の大僧正で展開しているカウントダウンタイプのデッキがロックの答えとするならば、氷結界としての答えがこの”氷結界の虎王ドゥローレン”といえるだろう。

 

効果

チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上

氷結界のシンクロと言えば氷結界の龍ブリューナクが有名だが、今回は素材モンスターに水属性を指定しており、専門性がかなり上がっている。その上で能力は下回っているので何ともいえないところはあるが、この段階に来てようやく調整が行き届いてきた感じだ。
元々氷結界で組んでいればこの指定はあまり苦にならない。シリーズ内での組み合わせは
氷結界の術者氷結界に住む魔酔虫や氷弾使いレイス+ブリザード・ウォリアーなど。
外部で考えても
DRAGON ICE+ウォーター・スピリット 、黄泉ガエル+A・マインド、ジェネクス・ウンディーネ+ジェネクス・コントローラーなどなど、多くの方法が存在している。

1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在するカードを任意の枚数手札に戻す事ができる。
このカードの攻撃力はこのターンのエンドフェイズ時まで、この効果で手札に戻したカードの枚数×500ポイントアップする。

序盤耐え忍んだロックパーツをすべて手札に戻し氷結界の虎王ドゥローレンを強化。さらに増えた手札をコストに氷結界の龍ブリューナクで相手フィールドをすべてバウンスし、強烈な連撃を加える。これが現段階での氷結界の必勝パターンである。
シンクロ召喚後に効果を使いたいので、やはりそれなりの下準備をフィールドに展開しておく必要があるだろう。氷結界の交霊師のような特殊召喚モンスターの駆使はもちろん、魔法、罠が手札にあるなら効果を使用する前にすべて伏せるようにしておきたい。
また、ドゥローレン、ブリューナクとシンクロモンスターを並べるのが難しいと感じるならば、アイス・ブリザード・マスターもオススメ。ロック時にアイスカウンターを展開しておけばドゥローレンの攻撃時に相手フィールドに穴を開けることができる。

デッキ構成

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
トーチ・ゴーレム×2
アイス・ブリザード・マスター×2
氷結界の交霊師×2
氷結界の大僧正×2
サイクロン
ディメンション・マジック
モンスターゲート
レベル制限B地区
光の護封剣
死者蘇生
終焉のカウントダウン×2
地盤沈下×3
魔法族の里×2
おジャマトリオ
グラヴィティ・バインド−超重力の網−
激流葬
神の宣告×3
天罰×2
下級
ブリザード・ドラゴン×2
コールド・エンチャンター×2
氷結界に住む魔酔虫×3
氷結界の術者×3
氷弾使いレイス