×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ヴォルカニック、フレムベル、ラヴァル・バーン

以前作成したヴォルカニック・バーンを、フレムベル、ラヴァルの2勢力を加え、新たな観点から見直す。

 

ヴォルカニック

ヴォルカニックの基本であるブレイズ・キャノン今回はデッキスペースを調整するために、ヴォルカニック・バレットとヴォルカニック・カウンターを中心に構成。その他のコストは他勢力から補うことにする。
ヴォルカニック・バレットはラヴァルのマグマ砲兵とも相性が良く、デッキ圧縮と回収を繰り返すことでそれほど弾切れを意識することなく戦える。
一方で墓地回収を使うことにより、真炎の爆発を使いづらくなるという弊害が。

フレムベル

フレムベルで最もバーンに特化したカードはフレムベル・デスガンナー。その他のフレムベルが存在しなければ使えないのだが、ダメージ効率はかなり高い。
が、実際にギミックとして中心になるのは
フレムベル・ヘルドッグネオフレムベル・ヘッジホッグフレムベル・パウンのようなリクルーターギミック。パウンはブレイズ・キャノンと連携が可能。また、守備力200が重要なスペックとなるこのデッキにおいて、ヘッジホッグは重要な役割を持つチューナーである。

ラヴァル

ラヴァルの中で汎用性の高いバーンカードはラヴァルのマグマ砲兵。フレムベル関連のサーチにも対応できるし、ヴォルカニック・バレットにも対応できる、3勢力の中心になり得るカードである。

ラヴァルのマグマ砲兵/炎/炎/1700:200/4
手札から炎属性モンスター1体を墓地へ送って発動する。相手ライフに500ポイントダメージを与える。この効果は1ターンに2度まで使用できる。

ラヴァル・ランスロッドも同様に、フレムベル・デスガンナー対応、リリースなしで召喚可能の生きた火力、除外したヴォルカニック・カウンター 回収と、他勢力とのシナジーが期待できる。

ラヴァル・キャノンラヴァル・ガンナーを使ったギミックはラヴァルでは威力を発揮しているが、他勢力では意外に使いにくい。これは、他の勢力の本質が必ずしも墓地ブーストではないためだ。

ロック・バーン

真炎の爆発、紅蓮の炎壁という超展開カードが登場した一方で、カエルの影響からマスドライバーが禁止カードに。
一方で
起爆獣ヴァルカノン重爆撃禽ボム・フェネクスといった融合モンスターの登場から、戦術の深みは別方向で伸びることになる。

もともと考えていた”戦うバーン”を意識するために、今回はロック系のカードを大きく外している。というか、レベルの概念がないエクシーズが出たことで、グラヴィティ・バインド−超重力の網− の信用が段下がりなのよ・・・。
その代わり、
巨大戦艦 ビッグ・コアMk−IIのような特攻用上級(実際には融合メインで使用)や、時械神メタイオンのようなバウンス+ダメージといったバーンとは少し気色の異なるカードの採用に至り、本来の私が考えたテーマに近づけたのではないかと感じた。

デッキ構成

デッキ:『VFL・バーン』

モンスター

魔法
上級
巨大戦艦 ビッグ・コアMk−II×2
フレムベル・デスガンナー
ラヴァル・ランスロッド×2
時械神メタイオン
ブレイズ・キャノン×2
光の護封剣
死者蘇生
真炎の爆発
波動キャノン×2
未来融合−フューチャー・フュージョン
融合×2
貪欲な壺
火霊術−「紅」×3
拷問車輪×2
魔法の筒
下級
ヴォルカニック・ロケット×2
炎帝近衛兵
ラヴァルのマグマ砲兵×2
キャノン・ソルジャー×2
ネオフレムベル・ヘッジホッグ×3
ヴォルカニック・カウンター×2
フレムベル・パウン×2
ヴォルカニック・バレット×3
エクストラ
重爆撃禽ボム・フェネクス×3
起爆獣ヴァルカノン

ラヴァルバル・ドラグーン×2
エンシェント・ゴッド・フレムベル×2
ブラック・ローズ・ドラゴン×2
氷結界の龍ブリューナク
グレンザウルス
潜行母艦エアロ・シャーク