×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


誠刀「銓

自身の場や手札によって能力が左右するものは、コンボで爆発的な威力を発揮するだけでなく、時にプレイングの指標としても使われる。今回はそういったカードに注目する。

ベースとなるのは刀語に登場する完成形変体刀の1本”誠刀・銓(セイトウ・ ハカリ)”。この刀は柄と鍔だけで構成されており、相手を斬る刀ではなく、自分を切る刀、自分を試す刀である。テーマとしてはS-Dそのものを言っているような刀だが、それ故具現化が難しい。そこで注目したのが”自身を見つめ直す”、すなわちプレイングの指標に着目する、という解釈である。
また、裏テーマとして数値や数を同じにすることでバランスを取る、天秤的なカードにも着目する。

ということで、今回は自身を見つめ直すデッキを考案する。

内部構成

◇プレイングの指標となるカード

ムカムカ
アクアの合唱
■手札抹殺
■人海戦術
■カオス・ネクロマンサー
■グリード
■チェイン・スラッシャー
■封魔の伝承者
■増幅する悪意
■フェザー・ショット
重裝武者−ベン・ケイ
■黄金のホムンクルス
■ヴォルカニック・ハンマー
■充電池メン
■ダーク・パーシアス
■ボルテック・コング
雲魔物−ニンバスマン
ザ・カリキュレーター
■砂漠の守護者
■念動収集機
■脳開発研究所

氷結界の虎王ドゥローレン
■妖精の風
■ダメージ・トランスレーション
地縛神 Wiraqocha Rasca
■ブラッドストーム
■ヴァイロン・ヴァンガード
■災いの装備品

解釈が比較的広いため、対応カードも様々。念動収集機、脳開発研究所、グリード、妖精の風辺りのカードは一番わかり易い。後は数による攻守の増減などが主になる。墓地に存在する同名カードをトリガーとするカードは過去の自分を見直すというニュアンスとマッチしていそうだ。ヴォルカニック・ハンマーなど相手のみへダメージを還元するカードは少しテーマと反れる。

◇数値を天秤にかけるカード

サイボーグドクター
ダーク・カタパルター
■キャトルミューティレーション
■大波小波
■パイナップル爆弾
■名推理
■騎士道精神
■スワローズ・ネスト
■シンクロ・チェンジ
■冥界流傀儡術

騎士道精神はひたすら防御する技、誠刀防衛を表現できそう。

デッキ構成

デッキ:『誠刀・銓』

モンスター

魔法
上級
カイザー・グライダー
騎士道精神×2
手札抹殺
念動収集機×2
脳開発研究所
名推理
アクアの合唱×2
グリード×2
ジェネレーション・チェンジ×2
ダメージ・トランスレーション×2
パイナップル爆弾×2
妖精の風×2
下級
ボルテック・コング×2
封魔の伝承者×3
サイコ・コマンダー×2
クレボンス×2
グラスファントム×3
チェイン・スラッシャー×3
メタモルポット
ムカムカ×2
メンタルプロテクター
カオス・ネクロマンサー