×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


刀「鑢

刀語に登場する完成形変体刀をベースにした12個のS-Dデッキ制作を終え、ついに最後のデッキを作成することになった。
そう、完成形変体刀という習作を経て作られた完了形変体刀、”虚刀・鑢(キョトウ・ヤスリ)”である。

虚刀・鑢は剣を全く使わない剣術で、手「刀」や足「刀」を使用する。刀を使わない刀をS-Dデッキで表現するということは、”カードゲームにおいてカードを使わない”とうことに他ならない。
ある意味で極限のデッキではあるが、実際にカードゲームでカードを使わないわけにはいかない。カードを準備せず、対戦を始める前の駆け引きで勝つ、といった解釈を用いることもできなくはないが、精神論に頼ってしまうと、それは少なくともS-Dではない。
何より、虚刀・鑢は他の刀と同じ舞台で戦っているのだから、こちらもそれに準拠すべきだろう。そこで、私は今回このような解釈を用いてデッキを作成する。

”自分フィールド上でカードをプレイせずに戦う”

つまり、手札から直接捨てることで効果を発動するカードや、墓地から除外、回収することで発動する効果を持つカードのみを使用すれば、自分の場にカードを出さない(カードを使わない)で戦うことができるはずである。

ということで、今回はカードを使わないデッキを考案する。

内部構成

◇手札から捨てることで効果を発動するカード

■エレクトリック・スネーク
■イビー
■サンダー・ドラゴン
■クリボー
■墓守の監視者
■再生ミイラ
■暗黒界の狩人 ブラウ
D.D.クロウ
■傀儡虫
■パペット・プラント
■エレクトリック・ワーム
■暗黒界の策士 グリン
■暗黒界の刺客 カーキ
E・HERO キャプテン・ゴールド
ネオスペース・コンダクター
アルカナフォースXIV−TEMPERANCE
オネスト
■紫光の宣告者
■緑光の宣告者
■ハネワタ
■ライフ・コーディネイター
■バスター・ビースト
■朱光の宣告者
■フレムベル・ベビー
■寂々虫
■騒々虫
■速攻のかかし
ジェム・マーチャント
■ガード・ヘッジ
■牙城のガーディアン
■エフェクト・ヴェーラー
■バリア・リゾネーター
■六武衆の影武者
■BF−二の太刀のエテジア

実はデッキとして成り立つほどに、カードは充実している。相手の攻撃を防ぐクリボーや速攻のかかしを使えば戦闘は賄えるし、宣告者シリーズ、ハネワタ、エフェクト・ヴェーラーを使えば相手の効果や魔法、罠の発動にもカウンターで抵抗することができる。
その他、イビーはダメージを、暗黒界は破壊を、サイクリング系のカードはデッキの圧縮をおこなえる。
傀儡虫、パペット・プラントなど相手モンスターを奪うカードにオネストなど攻撃力を上乗せするカードを併用することで、決定打に繋げていく。
モンスターが多いが、もちろん召喚などしない。

◇墓地から除外することで効果を発動するカード

■ネクロ・ガードナー
■シールド・ウォーリアー
■ADチェンジャー
■黒光りするG
■ヴォルカニック・カウンター
 

こちらも防御系が多いが、ヴォルカニック・カウンターは高ダメージを狙える貴重な存在。

デッキ構成

デッキ:『虚刀・鑢』

モンスター

魔法
上級
アルカナフォースXIV−TEMPERANCE×3
アイツ
   
下級
オネスト×2
エレクトリック・ワーム×3
パペット・プラント×3
傀儡虫×3
イビー
フレムベル・ベビー×2
ヴォルカニック・カウンター×3
暗黒界の策士 グリン
暗黒界の刺客 カーキ
紫光の宣告者×3
朱光の宣告者×3
緑光の宣告者×3
クリボー×3
ハネワタ
エフェクト・ヴェーラー
速攻のかかし×3