×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊戯王☆SELF-DISINTEGRATION

 


地縛Sin

第6期の色物カードといえば”地縛神”が真っ先に浮かぶ。このシリーズは約半年間に登場したウルトラレア枠15枚のうち7枚を占めるという暴挙に出ており、そのおかげで第6期後半の盛り上がりに欠けたといっても過言ではないだろう。
今回はそんな地縛神をテーマにS-Dデッキ構築をおこなう。作成する上で、地縛神以外でフィールド魔法に依存しているシリーズ”Sin”を組み合わせることにする。非常に安易な考えだが、通常の構築環境では成立させにくい構図のため、S-D環境だからこそおこなえるギミックである。

 

内部構成

◇地縛神

地縛神 Aslla piscu
地縛神 Ccapac Apu
地縛神 Cusillu
地縛神 Chacu Chal lhua
地縛神 Ccarayhua
地縛神 Uru
地縛神 Wiraqocha Rasca
 

地縛神の評価はどれも大概なので、ここでの採用はあまり悩む必要はない。要は気分か。あえて言うのなら、誰もが納得のガチャピン、もといCcapac Apu、不安定すぎるWiraqocha Rascaあたりがオススメ底辺だろうか。
サポートカードである
栄誉の贄はS-D構築と相性がよいので、是非入れておきたい。

ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン

地縛神サポートのこのカードを採用するために、本デッキでは闇属性・悪魔族モンスターをベースに構築している。レベル4チューナーのトラップ・イーター、黒薔薇の魔女の2枚はどちらも使いにくいデメリット持ちでS-D向きである。また、それに組み合わせるレベル4・悪魔族モンスターには古くからS-Dで使われるカードなどが多く含まれている。
アタッカーとしてデメリットを持ちの秒殺の暗殺者や女邪神ヌヴィア、悪魔の調理師、破壊されない
万力魔神バイサー・デス、手札から特殊召喚できる血涙のオーガなど、そのバリエーションも多彩だ。

◇Sin→地縛神

このデッキでSinは地縛神のための布石という意味合いが大きいのだが、Sinは場に1体しか存在できないため、これだけで2体の生け贄を準備することはできない。そこで、アドバンス・フォースを使用する。

アドバンス・フォース(永続)
このカードがフィールド上に存在する限り、レベル7以上のモンスターはレベル5以上のモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚する事ができる。

このカードを使えばスムーズに地縛神に繋げることができる。また、自身でレベルを上げることができ、且つレベル4・悪魔族の灰塵王 アッシュ・ガッシュはシンクロ面においても、アドバンス・フォースの面においても非常に相性が良い。

灰塵王 アッシュ・ガッシュ/闇/悪魔/1000:1200/4
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、このカードのレベルを1つ上げる(最大レベル12まで)。

◇フィールド

今回使用するフィールドは死皇帝の陵墓以外に、通常あまり好まれないクリアー・ワールド、サベージ・コロシアム、スパイダー・ウェブなど多彩なカードをチョイスしてみた。

デッキ構成

デッキ:『地縛Sin』

モンスター 魔法
上級
Sin トゥルース・ドラゴン
地縛神 Ccapac Apu
地縛神 Ccarayhua
Sin スターダスト・ドラゴン×2
Sin 真紅眼の黒竜×2
真紅眼の黒竜×2
地縛神 Wiraqocha Rasca×2

下級
秒殺の暗殺者
トラップ・イーター×2
黒薔薇の魔女×2
灰塵王 アッシュ・ガッシュ×2
地縛霊
万力魔神バイサー・デス×2
血涙のオーガ
 

アドバンス・フォース×2
アンティ勝負×2
クリアー・ワールド×2
サベージ・コロシアム×2
スパイダー・ウェブ×2
死皇帝の陵墓
地縛旋風
栄誉の贄×3
地縛神の咆哮
無力の証明×2

戻る