×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GAOV-JP041 超銀河眼の光子龍 /ドラゴン/(8)/エクシーズ

レベル8モンスター×3
「銀河眼の光子竜」を素材としてこのカードがエクシーズ召喚に成功した時、このカード以外のフィールド上に表側表示で存在するカードの効果を無効にする。1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。相手フィールド上のエクシーズ素材を全て取り除き、このターンこのカードの攻撃力は取り除いた数×500ポイントアップする。さらに、このターンこのカードは取り除いた数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

ATK/4500:DEF/3000

ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン

GAOVのタイトルモンスター。銀河眼の光子竜が強化され、3つ首の異様な姿に変化した。青眼の究極竜の位置づけなのかな(攻撃力同じだし)。
なんとなくマクロスフロンティア思い出すんだけど、バジュラの女王+バトルギャラクシーに近いフォルムだからかな?

 

効果

レベル8モンスター×3
「銀河眼の光子竜」を素材としてこのカードがエクシーズ召喚に成功した時、このカード以外のフィールド上に表側表示で存在するカードの効果を無効にする。

ランク8だけあって召喚条件はかなり大掛かり。特殊召喚可能なレベル8には獣神機王バルバロスUr守護神エクゾード溶岩魔神ラヴァ・ゴーレムダーク・クリエイターデビルドーザーネフティスの鳳凰神など様々なカードがあるが、つまるところ神龍の聖刻印青眼の白龍辺りが扱いやすく安定している気はする。
素材候補はNo.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラーサンダーエンド・ドラゴン竜魔人 クィーンドラグーンなどを参考に。

なお、銀河眼の光子竜を素材にした場合は自身以外のフィールド上のカード効果を無効にする能力が発動する。銀河眼の光子竜も単品カードとしては扱いやすい部類なので、素材としてデッキに組み込むにはそれほど苦労はしないと考えられる。
戦闘面において超銀河眼の光子龍にとってはプラスになるが、マシンナーズ・カノンのようにスペックが効果に依存しているモンスターにおいては注意が必要。反対にSin スターダスト・ドラゴンはデメリットがなくなってお得。

1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールド上のエクシーズ素材を全て取り除き、このターンこのカードの攻撃力は取り除いた数×500ポイントアップする。
さらに、このターンこのカードは取り除いた数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

エクシーズメタとして発動することは銀河と変わらないが、より直接的な能力になっている。相手フィールドに複数体の未使用エクシーズが存在していればその分攻撃力は跳ね上がるが、現実的には対1体を念頭に考えておく程度になるのかな。それでも1体から2つ素材をはぎ取れば攻撃回数が追加されるので、1キルの可能性も十分にある。

デッキ構成

デッキサンプル:

モンスター 魔法
上級
カオス・ソルジャー −開闢の使者−
銀河眼の光子竜×3
青眼の白龍×3
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×2
ダークストーム・ドラゴン×2
神龍の聖刻印×3
アドバンスドロー×2
サイクロン
トレード・イン×3
思い出のブランコ×2
死者蘇生
手札抹殺
召集の聖刻印×2
大嵐
未来融合−フューチャー・フュージョン
リビングデッドの呼び声×2
下級
オネスト
聖刻龍−ドラゴンゲイヴ×3
召喚僧サモンプリースト×2
ガガガマジシャン×2
ヴァイロン・プリズム×2
ソーシャル
  • Check
  • 公式データベース
    amazon