×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

STOR-JP059

霞の谷の神風(フィールド)

自分フィールド上に表側表示で存在する風属性モンスターが手札に戻った場合、自分のデッキからレベル4以下の風属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

カミカゼ

DT初期でリリースされていた霞の谷シリーズのフィールド魔法。ただし、使用はそれに限らない。

 

効果

自分フィールド上に表側表示で存在する風属性モンスターが手札に戻った場合、自分のデッキからレベル4以下の風属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

霞の谷シリーズのバウンス能力と併用することで、デッキから風属性モンスターを展開する、という流れを組める。属性指定でアーキタイプに固執しないので、例えばハーピィ・レディ系にも応用が効いたりと工夫できるのが面白い。
ちなみに、フィールドのくせに自分しか能力を発動できないという、
摩天楼2−ヒーローシティと同じ独占タイプのカードでもある。ダメージステップでの発動はできないが、風属性モンスターを戻した後に何らかの処理が続く場合も、後ほど改めて効果を発動できる親切設計。

霞の谷で自発的に自分のモンスターを戻すことができるカードは霞の谷の祈祷師、ミスト・コンドル、霞の谷のファルコン、霞の谷の雷神鬼霞の谷の巨神鳥辺り。それに外部のA・ジェネクス・バードマンが加わる。
特に霞の谷の巨神鳥 とは相性が良く、この2枚を並べておけば相手の多くの行動を無効化することが可能である。これまでも霞の谷の雷鳥使うことでまかなえていたが、より安定感が高まった形か。

外部ではウィングド・ライノと連携させたり、宝玉獣 サファイア・ペガサスやE・HERO エアーマンの能力を呼び込んだり・・・といった利用法が。逆に霞の谷をギミックとして埋め込むこともできるので、各風属性デッキの発展も期待できそう。

デッキ構成

デッキサンプル:

モンスター

魔法
上級
霞の谷の巨神鳥×3
THE トリッキー×2
カイザーコロシアム
サイクロン
ハリケーン
ブラック・ホール
霞の谷の神風×3
死者蘇生
貪欲な壺
エレキャノン
ゴッドバードアタック×2
リビングデッドの呼び声
強制脱出装置×3
激流葬
聖なるバリア−ミラーフォース−
奈落の落とし穴×2
下級
霞の谷のファルコン×2
ウィングド・ライノ×2
シルフィード
霞の谷の戦士
A・ジェネクス・バードマン×3
ハーピィ・レディ1×2
霞の谷の祈祷師
霞の谷の雷鳥×3